11の職歴を持つ異色のシンガー、NakamuraEmi

どうもMakotoです。

シンガーソングライターのNakamuraEmi(旧なかむらえみ)さんが注目を集めている。

彼女は、11の職歴を持つ社会人を経て、今自分自身と向き合い必死で戦う全ての男女に向けて歌う姿が共感を呼んでいる。

彼女が自らの「使命」であり「覚悟」と位置づけた楽曲たちと、独特の世界観がファンの心を惹き付ける。

NakamuraEmiさんがなぜ今必要とされているのか・・・。

<シンガーソングライターNakamuraEmi>

NakamuraEmiさんは、神奈川県厚木市出身の33歳の女性。

以前は中村絵美(なかむらえみ)名義で活動していたが、

NakamuraEmiと名前を変え現在再出発している。

HIPHOPやJAZZに多大な影響を受け、自身の楽曲にも存分にそのニュアンスが盛り込まれている。

見た目は小柄な女性で、どこにでもいそうな感じの彼女が、想像できないようなエネルギッシュでパワフルなパフォーマンスを発揮する。

NakamuraEmiさん(Youtube/日本コロムビア(株)のYouTube公式ページより)

<社会人として11の職歴を経たNakamuraEmiが放つメッセージとは>

NakamuraEmiさんは、いわゆる生粋のタレントというわけではなく、社会人としてのキャリアを経験して今があり、職歴も11種となかなか他とは違った経歴の持ち主のよう。

NakamuraEmiさんの音楽は、自分自身の人生そのものと言っていい。

「それは自分と向き合うため」と本人も言うように、日々の出来事やそこから生まれる葛藤や単純な喜びなどを、日記にしたためるかのごとく、まさにそんな感覚と似ているそうだ。

学生時代にはいじめのような経験にあい、いつしか自分の考えをあえて表に出さずに生きてきた。

そんな自分を変えたいと思ったのが20代後半。

この頃に出会ったのが、今のNakamuraEmiさんの音楽のスタイルを決定づけるものとなった。

HIPHOPやレゲエというジャンルの音楽に心を撃たれ感動させられたのだ。

そこから彼女は音楽を食べていくための職業という概念から解放することができたという。

自分をさらけ出すことへの解放感でいっきに彼女の世界観が花を咲かせはじめることとなる。

<シンガーソングライターNakamuraEmiとして音楽で生きていくと覚悟した瞬間>

NakamuraEmiさんは社会人として普通に生活するうえで、30歳になった頃に自営業の男性と結婚する話が進んでいた。

しかし、その結婚話も破綻してこれからを模索していた矢先に、再び自身のライブ活動を再開しはじめることになった。

以前の音楽ではなく、自分ありきの音楽スタイルで臨むステージで彼女は覚悟を決めた。

「音楽で生きていく!」

そして、オーガスタという事務所の先輩である竹原ピストルさんのライブを観て、泣くほどの感動を覚えた彼女は、その後オーガスタとメジャー契約を結ぶことになる。

<社会人を経験しているNakamuraEmiさんだからこその音楽>

NakamuraEmiさんは、ひたすらに自分と向き合い歌い続ける。

それは独りよがりのものになりがちだし、共感してくれるひとも少ないように思えてしまう。しかし、彼女が「使命」という自身の楽曲たちはひとの心を揺さぶり掴んで離さない。

自分と向き合って生まれた楽曲には、NakamuraEmiさん自身の魂がこもっているが、彼女の潜在的な意識が、社会人経験のなかで培った人間関係の深い繋がりに思いを寄せているからこそ、NakamuraEmiさんの歌が誰かの心に届き、共感を得る。

<NakamuraEmiさんの人生をつつきはじめたもの>

例えばアイドルというカテゴリーのひとたちは、本当に若い頃から芸能界という世界にいて、形式的な経歴からデビューやらグループの結成日やらは違えど、それ以前の幼い子供時代から養成学校に通いながら数々の活動をしている。

こういった方々は、いわゆる一般人が経験するようなことを逆に経験していなかったりする。

アルバイトもしたことがないというのもよく聴くし、その分スター街道をひた走るひとたちには、そういったストーリー性がある。

アーティストでもタレントでもスポーツ選手でも、若くして才能を見いだされ活躍するひともいれば、NakamuraEmiさんのような、一見平凡な人生から一転変わり始めるひともいる。

どちらにしても、受け取り側(オーディエンス)はそのひとに何らかのストーリー性を期待している。

人生というのは本当に不思議で、

あるとき突然、、、

それはもうダムの決壊のごとく人生がドドドド!と流れていくことがある。

11の職歴を持つ異色のシンガー、NakamuraEmiさんの今後の活躍を楽しみにしたい。

Makoto

ディズニー3年連続の入園料値上げに夢の国にも格差の予兆

どうもMakotoです。

みなさん“夢の国”といわれる東京ディズニーリゾートには年に何回くらい足を運ぶだろうか。

私は年に一回行くか行かないかという程度でとてもファンとはいえない身分だが、ディズニーランドもディズニーシーも、どちらも好きな場所である。

“夢の国”というのは大げさな喩えではなく、本当に魔法にかけられるような感覚で、
純粋に「楽しい」と心から思わせてくれた。

そんな“夢の国”東京ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランドが、
この度ディズニーランドとディズニーシーの入園料を値上げすることを発表した。

<ディズニーの入園料値上げは3年連続>

ディズニーが入園料を値上げするのは、2014年から実に3年連続のことで、
トータル1,000円以上の値上がりということになる。

実施されるのは4月1日からで、現在の大人6,900円から500円増の7,400円に上がる。
また、それぞれ12〜17歳までが6,400円(400円増)、4〜11歳までが4,800円(300円増)となる。

“夢の国”の値打ちが毎年上がっていくのが恒例となってきている。

<ディズニー入園料値上げにファンの声はまっぷたつ>

ディズニーには根強いファンが大勢いるし、
私のように年に一回行くか行かないかくらいの人間でも魅了してしまう程の魅力があり、
“夢の国”をこよなく愛するファンは世界中にいる。

「高すぎる!本当に行くのが夢になるんじゃないか・・・。」
「ついに考える値段まできたなぁ。。。」
「貧乏人は相手にしないってことだな。」

という批判の声、悲痛の声も聴こえてくる一方、、、

「好きなら1万円でも行く!」
「どうせならもっと値上げして、混雑緩和に繋げてくれ!」

というような声もあがっている。

<ディズニーの入園料を値上げしても入園者数の減少には繋がっていない現状>

ディズニーが2014年から毎年値上げを敢行していても、
実際のところ入園者数が減るといった影響が少ないのが事実なのだ。

値上げ以降も現在まで、ディズニーランド、ディズニーシーと相変わらずの盛況ぶりで、
今回の値上げに関しても、集客にはさほど影響しないとふんでいるようだ。

現にオリエンタルランドは、「パークの価値に見合った適正価格」という強気な考えなのだ。

入場者数がちょっと減少しても、客単価は上がっているためまかなえるのかもしれないし、
その分混雑を緩和したら、顧客満足度が上がることになるという狙いなのか。

テーマパークは目新しい物をどんどんつくっていかないと飽きてしまうもの。この値上の背景には新しいアトラクション構築に伴う経費増大がある。

それに加え、ディズニー本体に対するライセンス料が$の関係で上がっていることも、経費増大の要因の一つでもあるので値上げせざる得ない状況も伺える。

1000円プラスしたとしても、次々と誕生するアトラクションが期待を裏切らない、ということがわかっているからお客は再びリピートとして夢の国に再び足を運ぶことにつながっているといえるであろう。

<ディズニーの入園料値上げに相まって、消費税の値上げまでやってくる!?>

ディズニーの入園料が値上げされたと思ったら、その次にくるのは、消費税の引き上げということになりそうで、また来年も入園料が値上げされるのかと思ってしまう。

思えば、ディズニーのみならず、様々なものが値上がり傾向にあり、値上がりに等しいと思える、内容量の減少した商品もドンドン増えてきている。

スナック菓子など、袋の半分弱のスカスカな状態で売られているし、何か値段に見合ったパフォーマンスという概念ももはや持ち合わせていては生きていけなくなってしまったのかと思える。

高いと思うなら行かなきゃいいし、買わなきゃいいのは確かにそうだが、それ相応の見返りは求めるし、パフォーマンスは発揮してもらわなければいけない。

実は人間は、ただで夢の国に行けるような退屈な人生を心から求めているのではなくて、自分の想像をはるかに超える感動をもらえたことに対して、「ありがとう」という名のお金で感謝を気持ちを返したい生き物なのだ。

たばこがドンドン値上がりしても止めないひとは止めないし、ひとによって価値を感じる観点が違う。

どうか、私のようなあまりディズニーを利用しないような客でも、行くと決まった前日には胸を踊らせワクワクするような思いをいつまでも持ち続けられるような存在であってほしいと思う。

Makoto

3月からスピード違反強化で住宅街にオービス設置

どうもMakotoです。

車両のスピード違反を取り締まる装置である、通称“オービス”はご存知だろうか。

車を運転するひとにとっては、このオービスによって、スピード違反の瞬間を抑えられ罰則を受けたかたもいらっしゃると思う。

そんなスピード違反取締装置のオービスが、3月から住宅街に設置されることになった。

いかに住宅街での事故が多発しているのか、疑問に感じるところである。

<スピード違反の抑止力となるオービス装置の取り締まり>

スピード違反取締装置のオービスは、主に高速道路や幹線道路に設置されていて、猛スピードの車両に反応した瞬間に、強烈な光を放ち違反車両を撮影する。

私はオービスに撮影されてスピート違反で罰則を受けた経験はないが、経験談などを聴いたり、実際のサンプルなどを見させてもらったときには、「ここまではっきりと写るのか!」と唖然とさせられた。

車両のナンバー、運転手の顔、助手席のひとの顔もはっきりと識別可能なレベルで写し出される。

<住宅街にオービスを設置しなければいけない理由は?>

スピード違反取締装置のオービスは、高速道路や幹線道路のようないわゆるスピードを出す道路での、
スピードを出し過ぎた車両に対する警告と抑止が目的。

道幅5メートルくらいの一般道路にオービスを設置しなくてはいけないのは、こういった生活道路での事故が年間で13万件以上発生していることにある。

住宅街ということで、高齢者や子供の通学路としても利用する道路で、交通量も同じく多いのが現状。

こういった道幅の狭い一般道路で、危険をいち早く回避することにつながるよう、スピード違反取締装置オービスを設置して狭い道路を歩行者にも安全な環境にしようとする狙いである。

<試験運用期間を経て、3月から住宅街にオービス設置の運びに>

高速道路などにあるオービスは、大型で走行中も運転手から確認できるくらいの装置だが、今回の一般道路や生活道路には、警告機能のついた小型のオービスが設置される。

2014年くらいから、すでに埼玉県内の道路で試験運用されていて、さほど目立つようなサイズではなく、光と音で警告が発せられる装置となっている。

実際の試験運用期間でも、反則切符は切られていたそうだ。

実際、さいたま市内の道路では、法廷速度を超える車が減少し、平均時速が39.3kmから38.0kmまで下がったそう。

<住宅街にオービス設置で見える背景>

道幅の狭さや、車両の車幅というのは、物理的な問題であって仕方のないことである。
生活道路は、高齢者も子供も動物も歩く。

車が登下校中の子供の横をすれすれに走行していくという光景が怖いというのは確かにそうだが、これは、田舎でも都会でも一緒で、、、

ましてや田舎の方が道幅が狭い道路などたくさんあるし、田舎の方が車を利用している確率が高いのだ。

スピード違反取締装置オービスを設置したということがポイントで、

「物理的に、歩行者と車はすれすれを通るのだが、それにしてはスピードを出しすぎてませんか?」

ということが問題なのである。

<生活環境に対する知恵と、思いやりの精神にいきつく>

このような運用に対する、いわゆる生きていくうえでの知恵と工夫みたいなもので、ひとつでも多くの回避できる事故を防いでいきたいという思い。

そして、違反切符を切られることへの恐怖でスピード違反を抑止するということよりも、歩行者と運転手とのお互いの思いやりによる交通事故撲滅というのが何よりも本来のあるべき姿。

歩行者や子供たちにだって、生活道路は車も通る場所であるため危険が潜んでいることの感度を強くしていかなくてはいけない。

五感を研ぎ澄ませ、常に自分でしっかりと物事を考えられる訓練を積んでいれば、車も場所をわきまえずスピードを出すこともないし、歩行者も自分の身を自分で守れることになる。

車を使わない社会にするわけにもいかない。

道幅を広くできるわけでもない。

ひとりひとりが他人を思いやる心が、一番の交通事故抑止に繋がるはずである。

Makoto

国産カカオ100%のチョコレート開発に成功

どうもMakotoです。

2月14日はバレンタインデーです。
そんな時期にチョコレートにまつわる話題が入ってきた。

国産カカオ100%の、東京産のチョコレートがお披露目された。

これからのチョコレート生産や、バレンタイン商戦、お菓子業界の新しいスタイルを確立するかもしれない画期的な話題である。

<東京・小笠原諸島母島産の国産カカオを使用したチョコレート>

国産カカオの量産に成功したのは、東京・小笠原諸島母島の農家と、埼玉県草加市のお菓子メーカーの協力によるもの。

そもそもカカオは熱帯地方で育つために、日本のような気候では栽培が難しい。

ほぼほぼ全てのカカオは、南米やアフリカ産のものを輸入している。

だから、カカオは輸入するものだという概念が染み付いているため、栽培するという発想にはなかなかならないのが、我々消費者の思考だと思う。

<国産カカオ量産は、失敗を気づきに変える成功法則によって成し遂げられた>

カカオは輸入するものという概念を打ち破った今回の取り組みは、まさに失敗を成功に結びつける成功法則本にのっとったようなもの。

ことの発端は、埼玉県草加市のお菓子メーカー社長の平塚正幸氏が

「世界に誇れるチョコレートを作る!」

という思いで、2010年頃に小笠原諸島母島でカカオの栽培を開始したが、100本以上のカカオの樹を全て枯らしてしまう失敗を味わうところから始まった。

そこに小笠原で農園を経営する折田一夫氏がこの話に感銘を受け協力する。

設備や農地の規模など、様々な困難を極めそれでも自分たちを信じてチャレンジした結果、最初の失敗から約1年後の2011年8月にハウスを完成させ、2012年の4月から本格的な栽培を開始するのだった。

<国産カカオの収穫から東京産チョコレート完成まで>

国産カカオの初収穫は2013年の10月のことだった。

そこから開発に勤しんで、2015年にチョコレートの試作品完成に成功した。

「東京カカオ」と名付けられた国産カカオで、共同開発した埼玉県草加市のお菓子メーカーによって、国産100%として2018年の発売を目指しているそう。

<来る2020年東京オリンピックへのアピールとなる国産カカオ100%チョコレート>

ひとりの男の情熱が数珠つなぎで広がっていき、無謀ともいえるようなことをひるがえしてしまう。

国産カカオ100%のブランドが確立されるまで、まだもう少し乗り越えなければいけない障壁はあるかもしれない。

2018年に販売を開始するということは、その2年後の2020年の東京オリンピックへの大きな飛躍材料ともなり、日本に益々の活力を与えてくれることになるだろう。

ひとは、出来るか出来ないかで物事を判断してはいけない。

己が成し遂げたいかどうかが重要なのだ。

これは、後を絶たない成功法則本に毎度記載されているような内容と一緒で、もう飽き飽きしてしまうほど何度もお目にかかるような教訓だ。

しかし、こりもせず何度も何度も同じような言葉が使われるというのには、成功法則本は読むが、実際書かれていることを実践する者が限りなく少ないことの表れである。

今回の彼らのような情熱を持ち続けて、失敗を重ねながらも成功をつかみ取ることを選択できるひとの少なさ。

やりたいことをやりきる思いの強さが、感動を呼び世界を動かす。

こういう自慢できるかっこいい大人が日本にはいることを子供たちにぜひ伝えていってほしい。

Makoto

SPEEDの今井絵理子さんが今夏参院選に出馬表明

どうもMakotoです。

SPEEDのメンバーで歌手の今井絵理子さんが、夏の参院選に自民党公認として比例区で立候補すると表明した。

なぜ参院選への出馬を決意したのか、芸能活動や歌手活動は今後どうしていくのか、そして、自民党を選んだ理由は何だったのか。今回はその辺を調べてみました。

<今井絵理子さんのいるSPEEDというグループ>

今井絵理子さんが所属するSPEEDは、沖縄出身の4人組女性ダンスボーカルグループとして90年代にデビューして話題に。

そして、当時の沖縄出身のアーティストたちのなかでも人気の高いグループだった。

特にデビュー当時は4人が小学生から中学生くらいの子供という世代だったので、それもひとつの話題性を呼び、ヒット曲を連発した。

話題性もあり、時代の流れにも上手く乗った華々しいスタートをきった4人も、それぞれが大人の女性になり、自分たちの道を歩きはじめることになった。

今現在は、リーダーである新垣仁絵さんが所属事務所を辞めているので、事実上の解散状態のようだ。

<今井絵理子さんがシングルマザーという立場で決意したこと>

今井絵理子さんには、聴覚障害のある11歳の長男がいる。

175R(イナゴライダー)というバンドのボーカル・SHOGOさんと2004年に結婚し、そのときに授かった子であり、3年後に離婚を発表してからは今井絵理子さんが親権を得てシングルマザーとして育てている。

度々テレビ番組に取り上げられ話題になることがあり、昨今の今井絵理子さんのイメージは、歌手やアイドルといったものからベストマザー賞を受賞するほどの“いいお母さん”という感じ。

「先天性高度感音声難聴」という生まれたときからの障害で音が聴こえない長男のために手話を覚え、

「障碍者が明るい未来に希望が持てる社会をつくりたい」

という思いが今回の出馬の大きな決断の要因のよう。

<沖縄県出身の今井絵理子さんにとっても意味のある出馬>

今井絵理子さんは先述したとおり沖縄県出身のため、米軍基地のある沖縄県についても貢献の姿勢があるということも述べている。

キーワードは『平和』『希望』といったところである。

<今井絵理子さんを自民党が公認したことによる反応などは?>

今井絵理子さんに自民党が白羽の矢を立てたのはどういったルートからだったのか、参院選となると、イメージ作り先行型の各党芸能人争奪合戦みたいな話題になりがちである。

この出馬表明、そして当選した暁には、ファンは離れていくのだろうか。。。

「そんなことで離れていくようなら、元々ファンではないのだ!」

という意見も聴こえてきそうだが、私は正直そうでもないと思う。

政治の世界に行くことによってキライになるわけではなく、歌手や芸能人としての今井絵理子さんの活動が好きだったり、その背景に障害のお子様を育てているというストーリーも一緒に応援していたということ。

エネルギーの方向性が少し角度を変えただけで、それは今井さんにとってもファンにとっても、何かしらの転換期でありステージが変わるタイミングだっただけのこと。

しかしながら、出馬はするが当選するとは決まったわけではないし、もし当選したとしても、その後のほうが覚悟の度合いが試される厳しい現実が待っているはず。

何か新しいことを始めると、絶対に周囲から不本意なことを言われたりするもので、現状の自分を他人は評価したがる。

どうせ大したことできないだろうなんて言うのは簡単だが、元気のある若い力が志を持って勇気ある一歩を踏み出したことに私は敬意を表したいと思う。

今後が楽しみですね。

Makoto