3月5日に小惑星が地球に最接近する?! 果たして大丈夫なのか?!!

どうもMakotoです。

「3月5日に小惑星が地球に最接近する」というニュースが入ってきた。

地球に近づいてくる小惑星は、人工衛星よりも内側を通り、スレスレのところまで接近するというのだ。

このニュースを聴いて何を思うだろうか。。。

やはり、「地球大丈夫か!?」ってことになるだろう。

3月5日と特定して発表されているくらいなので正確なことかと思うが、我々はどんな思いで、3月5日を迎えればいいのかもうちょっと詳しく知りたいところだ。

<3月5日に地球に最接近するという小惑星とは?>

3月5日に地球のスレスレを通過するという小惑星は、「2013TX68」という惑星らしい。
接近通過することを「フライバイ」といい、
3月5日のフライバイでは、地球から1万7000km以内まで近づくといわれている。

望遠鏡で空を見上げれば、この小惑星「2013TX68」を地上から見ることができるという。
それはそのとおりで、なんたって人工衛星よりも内側を通るのだからかなり接近してくる。

聴くところによると、小惑星「2013TX68」は、2年前にm地球の近くを飛んでいたらしい。
そのときは、200万kmあたりだったので最接近とまではいかなかった。

<で、3月5日の小惑星最接近で地球は大丈夫なの!?>

“3月5日に小惑星「2013TX68」が1万7000km以内の地球スレスレを通過する”

という、ここまではっきりと分かっているのだから、
我々の住む地球は大丈夫なのかが知りたいところである。

NASAの地球近傍小惑星を分析している科学者たちによれば、
「3月5日の「2013TX68」接近で、地球に衝突する可能性は全くない」
とのこと。

それも分かるんだ・・・。

そして、この小惑星「2013TX68」は、3月5日の最接近のあとにも、
2017年9月28日に再接近することがすでに分かっているのだそうだ。

じゃぁ、その2017年9月28日の接近で地球に衝突する可能性はというと、、、

2億5000万分の1以下なのだとか。

イメージが付かない。。。

<3月5日の小惑星最接近で、もしも地球に衝突したら!?>

小惑星「2013TX68」が地球に衝突する可能性は、2億5000万分の1以下ということだが、
「ものごとに絶対はありえない」と思ってしまう。

普段は、「本質というものは絶対なんだ!」とか、偉そうに言い切っていたりすることがあっても、
自分の都合で、「100%なんてない!」って言ってみたりもするわけで。

この小惑星「2013TX68」は、直径30mくらいの岩石の塊のようで、
ロシアに落下した隕石の被害よりも大きな被害が出るだろうといわれている。

<3月5日の小惑星「2013TX68」と、ロシアの隕石落下を比較>

まだ記憶に新しいと思うが、ロシアのチェリャビンスクに直径20mほどの隕石が落下して話題になった。

これは、2013年2月のことで、このときの被害は負傷者1500人近くで死者はゼロだった。
ロシアのチェリャビンスク上空で爆発して、4400棟以上の建物を破壊した。

今回話題になっている3月5日に最接近するという小惑星「2013TX68」は、
それよりも大きいのだから、被害は大きくなると予想される。

ロシアのチェリャビンスクにもたらした被害の2倍ほどだという。

<3月5日の小惑星「2013TX68」の地球最接近は、ロマンのあるお話で終われるのか。。。>

人工衛星よりも内側の地球スレスレを惑星が通過していくなんて、一見壮大なロマンに溢れた話のよう。

3月5日は天体観測ショーさながらに、望遠鏡で空を見上げて喜んでいられるのだろうか。。。

中には、

「こういうときに北朝鮮がミサイルで迎撃してくれりゃいいんだ」

という、面白いような面白くないような意見もあった。

しかし、日付けと惑星の大きさと接近距離が分かり、
さらに今後の最接近する日まで予想できるというのだからスゴイ。

なので、地球に衝突することはないという見解を信じている。

Makoto

SFの世界が現実に!? ひとが通りぬけられる空中大型ディスプレイを三菱電機が開発

どうもMakotoです。

三菱電機は、この度空中に映像を表示するいわゆる「空中ディスプレイ」を開発した。

何も存在しない空中に対角約56インチの大型映像が現れるというのだ。

いつか観たSF映画のシーンのようなことが現実として実用化されることに非常に興奮するとともに、未来への輝かしい開発の特徴について紹介します。

<空中大型ディスプレイの仕組み>

この空中大型ディスプレイという空中に映像を表示する仕組みというのは、「ビームスプリッター」という反射光と透過光とに分離するものと、再帰性の反射シートを組み合わせてできている。

スクリーンの映像が光として、それをビームスプリッターで分離し、再帰性反射シートにより複数光を反射することで、離れた空中に映像が現れる。

ビームスプリッターから空中の映像中心部までを1メートル以上とれば、ひとが空中映像の中を通りぬけられることが可能なのである。

<空中大型ディスプレイ出現により高まるエンターテイメント性>

私が大好きな映画で「BACK TO THE FUTURE Ⅱ」という作品があるが、その劇中で、主人公のマイケル・J・フォックスが未来へタイムスリプし、街中で3D立体ジョーズの映像にビックリする場面があるが、この映画を観たときのワクワクする感覚がよみがえってくる。

やはりこういった類いの話題は、エンターテイメント的なアプローチというのを大いに期待してしまいがちで、この手法をどんなハイグレードなパフォーマンスとして楽しませてくれるのか。

<空中大型ディスプレイも東京オリンピックへのアピールに>

この空中大型ディスプレイの開発は、原理や仕組みを知ると改めてスゴイ技術の進歩によるものだと思う。

このタイミングで日本が世界にアピールできるものがドンドン公にされてきているような気がする。

やはり、2020年の東京オリンピックの開催というのがとても大きな焦点となっていて、各企業が歴史の1ページに華を添えることをひとつの目標としているように思える。

近年では、この手の技術革新はテレビゲーム等の世界が象徴とされてきたが、ついにリアルなものとして実現する時代となった。

<空中大型ディスプレイの今後の展開は? >

空中大型ディスプレイの出現は、新しい時代の到来であるが、まだ現段階では試作品の状態。

今後は、アミューズメントやデジタルサイネージなどのエンターテイメントと、案内標識、公共サインといった生活に密着した分野での活用を見越している。実用化は、2020年以降とのこと。

<空中大型ディスプレイどんなところで活躍できる? >

空中に浮かび上がるのであれば、寝たまま映像を見ることが出来るようになる。横着だが、休日はごろんと転がって天井を向いていれば映画を楽しめるのであるなら、こんな楽なことはない。

また、使い方によっていは色々使えそうだ。

学校で理科や社会などの授業でも活躍できるだろう。その1つにプラネタリウムが挙げられる。

それ用のプラネタリウムの設備があるところでしか見られなかった星座も、学校の教室がプラネタリウムに早変わりすることも出来そうだ。また、宇宙や、自然の授業でも活躍できそうだ。

そういえば筆者がアメリカ・シカゴに行った時に、週末は近くの大きい公園で野外映画をやっていた。

奥さんと子供は夜の軽食やスナック菓子、飲み物とシートを持って先に公園で場所取りをして、旦那さんは仕事が終わったその足で直接公園へ。

暗くなる間、ピクニックのように夜食を楽しんだ後、映画が始まるというシステムだった。もちろん、無料。

その時日本にはないこのシステムに痛く感心したのである。

無料で映画を見られるということよりも、かなり大きい公園にもかかわらず、大勢の家族連れが集まり、家族団らんを過ごすそのカルチャーがいいなと思ったのである。

今は、56インチの開発ということだが、サイズを大きくできれば、各都道府県が公共の公園で上映会を開いたりできそうだ。

働き過ぎで家族のコミュニケーション不足の日本人に、そんなカルチャーが芽生えれば、IT技術も家庭円満に一役買えるのではないか?

<空中大型ディスプレイ開発の三菱電機が日本の技術力を証明>

何年か前から、日本のものづくり技術が衰退したような話題がチラホラ聴こえてきていたが、上記でも書いたが、このところの日本の技術力のアピールが頼もしい。

当然諸々の併用される機器の性能や耐久性といった問題をクリアしなければならないとは思うが、しっかりと2020年に照準を合わせ開発に磨きをかけてくれるはずである。

こういった開発から、また新しいビジネスが生まれるのだろう。

これこそ21世紀を象徴するような技術革命である。

Makoto

アップルを訴えた裁判 国内審理へ

どうもMakotoです。

米大手のアップルが日本の中小企業である島野製作所から約100億円の賠償金を求められていた裁判で、東京地裁は「合意のもと米国の裁判所で判決する」というアップル側の主張を退けた。

裁判長は「合意が成立する法的な条件が満たされていない」と判断して、国内で審理することになった。

日本の中小企業の島野製作所が超大手企業のアップルに対して一矢報いた。

この裁判は非常に多くの関心が集まるとても意味のある裁判になるかもしれない。

<アップルを訴えた島野製作所の主張は>

島野製作所は、世界的に定評のある技術力を持ったピンの専業メーカーである。

中小企業でありながら、その高い技術力が認められ2005年からアップルのノートパソコン用の電源アダプタ専用ピンを供給している。

ことの発端は、アップルからなお依頼に対して開発したピンを、アップルが自社で開発したと主張したことが始まり。

そしてアップル、2012年からアジアの企業からの供給を増やし、島野製作所への発注を減らした。

2014年8月に島野製作所は、「独禁法違反」「特許権侵害」で、約100億円の賠償請求に踏み切った。

<アップルとしての主張は>

島野製作所が開発したというピンは、「ポゴピン」といい、電源アダプタ先端の接触端子である。

「新しいポゴピンは別設計で、島野製作所の特許権は何ら侵害していない」というのがアップルの主張のようだ。

さらに、

「島野製作所が主張する特許権は、アップルの技術者との共同開発であり、それを2011年11月に島野製作所が単独で特許出願したのだから、権利は無効だ。」

とのこと。

<アップルVS島野製作所 管轄の裁判所は?>

この裁判に先立って、

「まずは、どの国の裁判所で審理するべきか」

という点で争われることになった。

それは、アップルと島野製作所の契約上、紛争はアップル本社のあるカリフォルニア州の裁判所で審理されることに合意されていたためだ。

当然アップルとしては、日本で提訴されては契約違反だと主張するが、対する島野製作所はひるまない。

「独禁法が禁じている優先的地位の乱用で結ばれたため不当であり、国内で審理されるべきこと」

と主張する。

<アップルVS島野製作所 東京地裁の判断は?>

この両者の主張に対して、中間判決として東京地裁の千葉和則裁判長は、

「一定の法律関係に基づいた訴えに関して結ばれたものではない限り無効。両者の合意は、あらゆる紛争はカリフォルニア州の裁判所が管轄するとしたが、広範囲すきるため無効である。」

としてアップルの主張を退けた。

日本の中小企業が、まずは米巨大企業の出ばなをくじくかたちとなった。

<日本にも親しみのあるアップルの問題を、世間はどう捉えるのか>

アップルは、iphoneやMac製品で日本にも非常にお馴染みの企業である。

世間はこの裁判の中間判決をどう見ているのか。

「下請け会社が訴えを起こすということは、相当の我慢の末だと思う。」

「ひどい話。これ以上大手の横暴を許しちゃいけない!」

「結局大手に潰されちゃうのかな。。。」

など、やはりアップルといえど、日本の企業が相手となると世間は特別視するようだ。

私は、アップル製品が好きだ。

iphoneユーザーだし、ipad、ipod、PCもMacを使用している。

単純にアップル製品のリピーターとしてこれからも使っていこうと思っている。

しかし、こういった下請け企業側の世の中に出てこなかったような苦労というのは、やはり、これを機に正当に判断されてしかるべきだと思う。

私が快適にPCを使って仕事ができているのも、この原稿を執筆できているのも、細かいひとつひとつの緻密な労力の集合体によるものである。

世界に誇る高い技術力と、世界が誇るブランドのコラボがの奇跡が、今もなお私の心を掴んでいるのだから。

Makoto

子ども服に危険性!?ひもの長さや形状をJISが制定

どうもMakotoです。

子どもの事故を防ごうということで、JISが子ども服のひもの長さや形状を安全規格として制定した。

これに伴い、子ども服メーカーは対応に乗り出し、商品のデザインの見直しをしている。

子ども服が原因の事故とは何なのか?

そもそも子ども服には危険性がそんなに含まれていたのか?

<子ども服の規定変更で、首回りのひも付き服は製造禁止>

子ども服の安全性に対する規定は、JIS(日本工業規格)が制定した。

JISによると、

「7歳未満の子どもの服には、頭や首まわりのひもは一切あってはならない」

という安全基準を定めたということだ。

また、

「7〜13歳未満の子ども服には、頭や首まわりに垂れ下がっているひもは禁止」

というもの。

<子ども服が原因による事故とは>

今回の子ども服の規定変更は、主に13歳未満の子どもに重きを置いている。

子ども服に付いているひもが、ドアにひっかかったり遊具に絡まることにより子どもの転倒や窒息などの事故が起こるというケースがある。

こういった事故の経験は、平成18年の消費者アンケート調査により、約70%の人がひやりとさせられた経験があり、そのうちの6人に1人の割合で実際にケガをしたということが分かった。

<子ども服メーカーがデザインを一部変更>

それをうけて、子ども服の規定変更は、当然子ども服メーカーに直結して影響があり、各メーカーがこぞって商品のデザインを一部変更、見直している。

大手子ども服ブランドの「ミキハウス」は、コードに付いている飾りとしてのひもをなくすなど対応に追われた。

そして、2016年春からの全商品がJIS規定の対応商品となる。

<子ども服による事故による規定変更は欧米からのもの>

子ども服のひものひっかかりや絡まりによる死亡事故が欧米で起き、欧米では子ども服の安全性の規格を定めた。

日本でも窒息などの事故が起こったこともあり、欧米の安全規格制定を受け、2014年6月に企画案を発表した。

そして2015年12月には正式に規格を制定することとなった。

<子ども服の規格変更には、法的な強制力がない>

JISというのは、国の統一基準としての安全や品質といったことを定めている機関であるが、法律的に定められた強制力のあるものではない。

近年の子ども服も様々なデザインがあり、子どもたち自身もオシャレを自然体で楽しむ傾向がある。

時代とともに、服装を選ぶ選択肢は幅広くなっているし、デザインを手がける方々にとっては、やるせなさを感じる一方で
また腕の見せ所とでも言おうか。

<子ども服が原因の事故防止と、フードなどで防寒対策をする地域との兼ね合い>

子ども服のひものひっかかりなどによる事故を防止するための規定変更だが、今回「フード」については対象外となった。

JIS側としては、フードについても安全性を検討しなくてはいけないとしている。

しかしアメリカでは1990年代にはすでに安全基準が制定されているのに対し、日本では今更?という気がしないでもない。

我が子が産まれた10年前にはすでにフードと紐の問題は取り上げられていて、滑り台から滑るときに引っ掛けて大怪我をしたという事例もすでに出ていた。

子供が幼稚園の時は「フード付きの服は極力避けて下さい」とあり、もしフード付きの場合は公園遊びの時にそのフードを服の中に入れて引っかかる部分がなくなるようにしていた。

我が園はそれでも規定が甘い方で、他の園ではフード禁止というところがほとんどだ。

子供が小学校に入ってからは、冬の寒い時期だけ体育でトレーナーを着てもいいのだが、パーカーや紐、チャックが付いたものは禁止となっている。

先日も他の親とフード無しのトレーナーが見つからないという話題で盛り上がった。

ユニクロでも数着置いてあるが、派手なキャラクターが付いたものか素材が綿でないもので体育では許可されないものがほとんど。

実は親たちはすでに安全な服を欲しがっているのにもかかわらず、企業側はデザインにこだわりすぎていて本当のニーズを汲み来れてないのではないか?

しかし、冬の季節に風雪などの寒気から身を守るためにもフード付の服が必要なこともある。

しかし欧米ではフード無しのトレーナーが当たり前だし、フードがなくても帽子をかぶればいいだけである。

そりゃ、突き詰めれば「かわいいよりも安全第一」これが結論に決まっている。

決まっているが。。。

結局企業側は安全より売れる服、消費者が購入する服を作るのである。

であれば、実際に購入するときに、消費者が安全基準目線で商品を買うことによって、企業も安全を意識した服を作るようになるであろう。

安全基準といえば、ガチャガチャのケースや鉛筆のキャップなど小学生が喉を詰まらせる事故をよく聞く。

なぜこれに関しても安全基準ができないのが、不思議でならない。

やっと重い腰を上げて対応する日本、これで世界水準並みの安全基準に少しは追いつくことになるのだろうか?

Makoto

オレオやリッツが店頭から消える!? ヤマザキナビスコが8月末で製造終了を発表

どうもMakotoです。

 

菓子メーカーのヤマザキナビスコが、

オレオリッツなどの人気商品の製造を8月末で終了すると発表した。

 

日本人の我々にもとても馴染み深い商品の製造を終了するとあって、

衝撃とともに、果たして日本の店頭からは消えてしまうのだろうかという疑問もわいてくる。

 

ヤマザキナビスコの看板製品であり、

かつ人気の高いロングセラーブランドだけに、

今後の動向が気になるところだ。

 

 

ヤマザキナビスコがオレオやリッツなどの国内生産販売開始から終了までの経緯

今回発表された8月で製造終了のブランドは、

「オレオ」「リッツ」「プレミアム」「チップスアホイ」の4製品とのこと。

 

そもそも、ヤマザキナビスコは山崎製パンの子会社であり、

1970年にアメリカのナビスコと山崎製パン、そして当時の日綿實業(現・双日)が合併してできた。

 

上記の4製品のブランド商標権利は米モンデリーズ・インターナショナルが持ってるが、

こことナビスコブランドの商標ライセンス契約が終了するのが8月末ということ。

 

8月末での製造終了に伴い、9月以降は在庫販売を経て終了ということになる。

 

 

ヤマザキナビスコの社名も変更

ヤマザキナビスコという社名自体も、「ナビスコ」ブランドの契約終了に伴い変更せざるをえない。

 

9月1日から、ヤマザキナビスコ「ヤマザキビスケット」と社名を一新して

自社ブランドの製品の販売を続けていく。

 

因みに、「チップスター」「スリムサンド」といった、

これまた根強い人気を獲得している製品があるが、

これらは自社開発製品のため、今後もヤマザキビスケット製品として販売していく。

 

 

ヤマザキナビスコの名称変更の影響

ヤマザキナビスコという会社名が変更になることにより、

サッカーファンやスポーツファンにもお馴染みの

「ヤマザキナビスコカップ」という大会があるが、

こちらも2017年以降はJリーグと協議したうえで大会名を変更するようだ。

 

この大会は、サッカーの冠スポンサーカップとしてギネス記録を更新中のようだが、

この記録もどうやら途絶えるのではないだろうか。

 

 

オレオやリッツは日本の店頭から姿を消してしまうのか!?

今回のヤマザキナビスコブランドのオレオやリッツなど人気4製品の製造終了を受けて、

ファンにとって一番気がかりになっているのは、

「9月以降日本ではもう手に入らなくなってしまうのか?」ということだと思う。

 

私も実のところここが一番気になっていた。

 

この4製品の商標ライセンスを持つ米モンデリーズ・インターナショナルの日本法人である、

モンデリーズジャパンが9月からの販売を引き継ぐことになった。

 

だから、今後日本の店頭から姿を消すのかどうかについては、

ヤマザキナビスコ側としてはどうにも答えようがないということ。

 

それもそうで、モンデリーズジャパンが引き継ぐということは、全く別会社の商品となるのだから。

 

では、モンデリーズジャパンの見解はどうかというと、

オレオリッツのような人気ブランドは主力製品でもあるため、継続して販売していきます。」

とのことである。

 

ふっと一安心といったところではあるが、、、

「製造元が変わるということは、我々の舌に馴染んでいる、オレオリッツの味が変わってしまうのではないか!?」

という疑問点や不安要素があがってくるのも確かなところ。

 

 

オレオやリッツの類似商品や競合商品の製造で菓子業界も熾烈な戦いになる!?

ヤマザキナビスコは、実に45年以上もの間「ナビスコ」ブランドの4大人気製品である

「オレオ」「リッツ」「プレミアム」「チップスアホイ」を販売し、

人気の定着やブランドの認知に多大な貢献をしたことは間違いない。

 

ヤマザキビスケットと社名を変更した後に待ち受けているのは、

新時代の新しい看板商品の開発に乗り出してくることだろう。

 

オレオリッツなどの類似商品を販売することにより、

もしかしたら、ヤマザキナビスコオレオリッツのファンだったユーザーが

一斉に方向転換するかもしれない。

 

上記のとおり、45年以上もファンの心を掴み続け、

ヤマザキナビスコという会社とファンとの間にも大きな信頼関係が築き上げられているのだから、

そこらのぽっと出の企業が手がけるような類似商品などのレベルとははるかに違う。

 

もうこの世の中、ゼロからの発明など不可能といっていい。

 

何かと何かの掛け合わせだったりするし、

新しい発明に用いる一部や道具なども、元は誰かの発明品なのだから。

 

どれだけのアレンジ力とクリエイティブ性に富んだ商品を世に出すかにかかっているが、

研究心や探究心アレンジ力なんか、まさに日本の誇るお家芸といえるだろう。

 

これからの新しい時代に日本が飛躍していくことを期待したい。

 

 

 

 

Makoto

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。