i-dio奮闘記3! 初期不良交換が届いたので接続した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはMakotoです。

さて3月1日に初期不良確認をして本日3月5日、新しいi-dioチューナーが届いた。

果たしてこれで無事に繋がるのだろうか?! とおもいきや、なんと一筋縄では行かなかったもののなんとか無事に接続できたようである。ということで、早速設定の様子をまとめていきたいと思う。

<i-dioチューナーをi-phonと接続>

アプリケーションをインストールするところまでは終了していたので、アンドロイドはこちらiphonはこちらを参照その続きからになる。

まずは機器の初期不良チェックから。ケーブル(付属されていないので自分のもの)を挿して電源をつける。

やりました。無事電源がつきました。こちらの機器はModel TUVL01というものらしい。
1-1

ということでやっとアプリの設定の続きがでる〜。i-dioのアイコンをクリックしてアプリケーションを立ち上げ。
するとなんと、項目に入れていた内容が消えてしまっていてもう一度やり直し機器に接続されるまで設定は保存されないのか?(I-os版のみ)。ま、大したことないのでいいのだが。

必要事項を記入して、「利用を開始」とする

1-2

「i-dioを受信できないWi-Fi機器と接続されています。接続先をご確認下さい。」と出て「閉じる」を押す。

1-9

すると画面が切り替わってwi-fiの設定画面に。

ネットワークを自動で検索してくれ、その中にあった。
[ V-Low00000000 ]という名前のものがi-dioチューナーのものである。
後半部分の00000000はそのチューナーのシリアル番号。

 

スクリーンショット 2016-03-05 21.34.45

選択すると、パスワードを要求してきたので入力
パスワード情報はチューナー機器についてきたi-dioWi-Fi Tuner 取扱説明書「8ページ目」に記載されている「パスフレーズ」。
※もしここで一覧に出なかった場合はチューナーの電源を確認。

※1 もしランプが緑のままであった場合 Android(アンドロイド)用の接続になっているので、一旦電源を切って(電源ボタンを3秒以上の長押し)。

再度電源を入れる(3秒以上の長押し)で繋がるように。ちなみにアンドロイドの場合は3秒以内の短押しだ。

※2チューナーは緑点滅していて問題ない場合、もうしばらく待ってみよう。

それでも出ない場合は電源の入れ直しをする。結構このトラブルで電源入れ直しして解決したという記事を見る。

それでも駄目な場合は故障か確認する。こちらの記事参照

※3 電源が消えてしまっている場合。2分間以上視聴を開始されなかったか、5分間以上視聴が中断された場合自動で停止されるので、再度電源を切って(電源ボタンを3秒以上の長押し)

再度電源を入れる(3秒以上の長押しiphon)をする。

パスワードが無事に入るとこのようになる。

スクリーンショット 2016-03-05 21.35.34
無事設定できた。
※Android(アンドロイド)端末はWi-fi 設定ではなくWi-fiDirect設定を探して設定する必要があるので注意が必要
1-7
i-dio画面に戻り、再度「利用を開始」をすると「スキャン中」となる。

1-5

ところが、「チャンネルスキャン失敗〜チャンネルスキャン失敗しました。再度スキャンしますか?」と出てきてた。何度「リトライ」を押しても同じ画面。なに〜?!

1-6

と、思ったのだが、チューナーの電源をオフオンしたらクリアー。ホット一息。

1-11

 

が、次に[Now on Air]にすると「選曲中」となって

1-10

「視聴可能チャンネルなし〜視聴可能なチャンネルが検出されませんでした。再度スキャンしますか?」と出てしまった。

えええ? ということで、何度かリトライするもののやっぱり接続できず。

1-8

接続できないのはどうしてだろうか? 答えは簡単である。電波が届いていないのだ。とは言ってもこの電波はタワーから送られてくる電波を拾うのでなかなか調整のしようが難しい。

テレビ受信用のチューナーアンテナを取り付けて電波を拾いやすくするというのも手だが、わざわざこのためだけにベランダに大きな機材を設置するのもと考えてしまった。

ということでエリア範囲内なのに繋がらない! という人のためにいろいろ工夫して接続できるかテストしてみようと思う記事はこちら

<i-dio初期不良交換が届いたので接続してみた〜終わりに>

i-dioチューナーの故障に始まり。やっと機器が届いて設定ができたと思ったのだが、なんと視聴できる番組がなかったという落ちだ。

設定自体は上記内容をよく読んでもらえればきっとクリアーできるはずである。

とは言うもののチャネルが一つも表示されなかったので、番組などの詳細はまたつながった時に掲載することとしよう。

東京の西端とはいえ、受信エリアには十分かかっているはずなのにどうして受信できないのだ〜?!と叫びたくなるが、ここはぐっと我慢して、また明日に期待だ。

Makoto

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。