ライフ・生活

3月からスピード違反強化で住宅街にオービス設置

どうもMakotoです。

車両のスピード違反を取り締まる装置である、通称“オービス”はご存知だろうか。

車を運転するひとにとっては、このオービスによって、スピード違反の瞬間を抑えられ罰則を受けたかたもいらっしゃると思う。

そんなスピード違反取締装置のオービスが、3月から住宅街に設置されることになった。

いかに住宅街での事故が多発しているのか、疑問に感じるところである。

<スピード違反の抑止力となるオービス装置の取り締まり>

スピード違反取締装置のオービスは、主に高速道路や幹線道路に設置されていて、猛スピードの車両に反応した瞬間に、強烈な光を放ち違反車両を撮影する。

私はオービスに撮影されてスピート違反で罰則を受けた経験はないが、経験談などを聴いたり、実際のサンプルなどを見させてもらったときには、「ここまではっきりと写るのか!」と唖然とさせられた。

車両のナンバー、運転手の顔、助手席のひとの顔もはっきりと識別可能なレベルで写し出される。

<住宅街にオービスを設置しなければいけない理由は?>

スピード違反取締装置のオービスは、高速道路や幹線道路のようないわゆるスピードを出す道路での、
スピードを出し過ぎた車両に対する警告と抑止が目的。

道幅5メートルくらいの一般道路にオービスを設置しなくてはいけないのは、こういった生活道路での事故が年間で13万件以上発生していることにある。

住宅街ということで、高齢者や子供の通学路としても利用する道路で、交通量も同じく多いのが現状。

こういった道幅の狭い一般道路で、危険をいち早く回避することにつながるよう、スピード違反取締装置オービスを設置して狭い道路を歩行者にも安全な環境にしようとする狙いである。

<試験運用期間を経て、3月から住宅街にオービス設置の運びに>

高速道路などにあるオービスは、大型で走行中も運転手から確認できるくらいの装置だが、今回の一般道路や生活道路には、警告機能のついた小型のオービスが設置される。

2014年くらいから、すでに埼玉県内の道路で試験運用されていて、さほど目立つようなサイズではなく、光と音で警告が発せられる装置となっている。

実際の試験運用期間でも、反則切符は切られていたそうだ。

実際、さいたま市内の道路では、法廷速度を超える車が減少し、平均時速が39.3kmから38.0kmまで下がったそう。

<住宅街にオービス設置で見える背景>

道幅の狭さや、車両の車幅というのは、物理的な問題であって仕方のないことである。
生活道路は、高齢者も子供も動物も歩く。

車が登下校中の子供の横をすれすれに走行していくという光景が怖いというのは確かにそうだが、これは、田舎でも都会でも一緒で、、、

ましてや田舎の方が道幅が狭い道路などたくさんあるし、田舎の方が車を利用している確率が高いのだ。

スピード違反取締装置オービスを設置したということがポイントで、

「物理的に、歩行者と車はすれすれを通るのだが、それにしてはスピードを出しすぎてませんか?」

ということが問題なのである。

<生活環境に対する知恵と、思いやりの精神にいきつく>

このような運用に対する、いわゆる生きていくうえでの知恵と工夫みたいなもので、ひとつでも多くの回避できる事故を防いでいきたいという思い。

そして、違反切符を切られることへの恐怖でスピード違反を抑止するということよりも、歩行者と運転手とのお互いの思いやりによる交通事故撲滅というのが何よりも本来のあるべき姿。

歩行者や子供たちにだって、生活道路は車も通る場所であるため危険が潜んでいることの感度を強くしていかなくてはいけない。

五感を研ぎ澄ませ、常に自分でしっかりと物事を考えられる訓練を積んでいれば、車も場所をわきまえずスピードを出すこともないし、歩行者も自分の身を自分で守れることになる。

車を使わない社会にするわけにもいかない。

道幅を広くできるわけでもない。

ひとりひとりが他人を思いやる心が、一番の交通事故抑止に繋がるはずである。

Makoto

国産カカオ100%のチョコレート開発に成功

どうもMakotoです。

2月14日はバレンタインデーです。
そんな時期にチョコレートにまつわる話題が入ってきた。

国産カカオ100%の、東京産のチョコレートがお披露目された。

これからのチョコレート生産や、バレンタイン商戦、お菓子業界の新しいスタイルを確立するかもしれない画期的な話題である。

<東京・小笠原諸島母島産の国産カカオを使用したチョコレート>

国産カカオの量産に成功したのは、東京・小笠原諸島母島の農家と、埼玉県草加市のお菓子メーカーの協力によるもの。

そもそもカカオは熱帯地方で育つために、日本のような気候では栽培が難しい。

ほぼほぼ全てのカカオは、南米やアフリカ産のものを輸入している。

だから、カカオは輸入するものだという概念が染み付いているため、栽培するという発想にはなかなかならないのが、我々消費者の思考だと思う。

<国産カカオ量産は、失敗を気づきに変える成功法則によって成し遂げられた>

カカオは輸入するものという概念を打ち破った今回の取り組みは、まさに失敗を成功に結びつける成功法則本にのっとったようなもの。

ことの発端は、埼玉県草加市のお菓子メーカー社長の平塚正幸氏が

「世界に誇れるチョコレートを作る!」

という思いで、2010年頃に小笠原諸島母島でカカオの栽培を開始したが、100本以上のカカオの樹を全て枯らしてしまう失敗を味わうところから始まった。

そこに小笠原で農園を経営する折田一夫氏がこの話に感銘を受け協力する。

設備や農地の規模など、様々な困難を極めそれでも自分たちを信じてチャレンジした結果、最初の失敗から約1年後の2011年8月にハウスを完成させ、2012年の4月から本格的な栽培を開始するのだった。

<国産カカオの収穫から東京産チョコレート完成まで>

国産カカオの初収穫は2013年の10月のことだった。

そこから開発に勤しんで、2015年にチョコレートの試作品完成に成功した。

「東京カカオ」と名付けられた国産カカオで、共同開発した埼玉県草加市のお菓子メーカーによって、国産100%として2018年の発売を目指しているそう。

<来る2020年東京オリンピックへのアピールとなる国産カカオ100%チョコレート>

ひとりの男の情熱が数珠つなぎで広がっていき、無謀ともいえるようなことをひるがえしてしまう。

国産カカオ100%のブランドが確立されるまで、まだもう少し乗り越えなければいけない障壁はあるかもしれない。

2018年に販売を開始するということは、その2年後の2020年の東京オリンピックへの大きな飛躍材料ともなり、日本に益々の活力を与えてくれることになるだろう。

ひとは、出来るか出来ないかで物事を判断してはいけない。

己が成し遂げたいかどうかが重要なのだ。

これは、後を絶たない成功法則本に毎度記載されているような内容と一緒で、もう飽き飽きしてしまうほど何度もお目にかかるような教訓だ。

しかし、こりもせず何度も何度も同じような言葉が使われるというのには、成功法則本は読むが、実際書かれていることを実践する者が限りなく少ないことの表れである。

今回の彼らのような情熱を持ち続けて、失敗を重ねながらも成功をつかみ取ることを選択できるひとの少なさ。

やりたいことをやりきる思いの強さが、感動を呼び世界を動かす。

こういう自慢できるかっこいい大人が日本にはいることを子供たちにぜひ伝えていってほしい。

Makoto

ローソンが「からあげクン」の廃油を燃料化

どうもMakotoです。

 

コンビニ大手のローソンが、

看板商品のひとつである「からあげクン」などの揚げ物調理後に出る廃油から電力をつくる

「バイオマス発電」という取り組みに乗り出すとのこと。

 

その内容はどんなものでしょうか?

 

 

「バイオマス発電」どこから始まる?

その1号店は兵庫県にオープンされる予定で、

先述したとおり、調理後の廃油を店に戻しバイオディーゼルとして発電機として使うらしい。

 

これは、ローソンが始めたことではなくて、

各企業ですでに実施されている取り組みで、

電気というのは作られて売り買いがされるようになっている。

 

 

「バイオマス発電」仕組みは?

この仕組みは、単純にこの兵庫県の1号店の廃油のみで発電するわけではなく

他業種の企業からも廃油を回収して電気が作られるようになっている。

 

ローソン「からあげクン」などで使ったあとの油をバイオ燃料工場が回収し、

さらに他の企業からの廃油もバイオ燃料工場に移され、

そこで燃料に変え店舗の発電機に戻ってくるという仕組み。

 

 

 

「バイオマス発電」についてのまとめ

正直、もっと早くからできなかったものなのかが不思議で仕方ない。。。

 

とっくのとうにできそうなものだと思うのだが。

 

コンビニは24時間営業で電力の消費もハンパではないし、

多くの食品や日用品を扱っていて、ゴミも多く出る。

 

「バイオマス発電」などは、コンビニがいの一番に取り組んでもいいシステムだっただろう。

 

電力を消費することに関する技術はドンドン進化していっているのに、

節電や発電といったこの手の類いのことは、いまいち歯切れが悪く進捗が遅い。

 

太陽光発電然り、自然の摂理に沿ったエネルギーの活用というのが、

話題性としてそんなに派手さのない印象だが、最も評価に値する発明だと思う。

 

時代の変化によって、食文化やライフスタイルの流れというのがあり、

“ゴミ”というのも概念が変わってきたのではないか。

 

ゴミは本来捨てるべき要らない物としてだったが、

今は、まだまだ使える物でも「期間」「期限」によって捨てるべき物として捉えられる。

 

是非、こういう取り組みはもっともっと大手がやっていけばいいのにと思う。

 

 

 

 

Makoto

節分の豆もナッツも3歳までは与えないように!?

どうもMakotoです。

今回の記事のタイトルについては、健康面の問題で、3歳になるまで豆やナッツを与えないようにというわけではなくて。。。

形状の小さな豆やナッツ類というのは、気道に入り、肺炎や気管支炎を引き起こすことがあるらしい。ということについてまとめてみました。

<そもそもどうして肺炎や気管支炎を引き起こすことが多いと分かったの?>

データ上、3歳以下の子供にそういったことがあったと20件以上報告されているとのこと。

これは、消費者庁が2010年〜5年間のあいだに調査した結果である。

私たち大人も、3歳児も、小学生も、中学生も、

高校生も、浪人生も、大学生も、

社会人1年目も、課長さんも、次長さんも、

しゃちょさんも、、、

誰しもが、

節分の豆やナッツを喉に詰まらせ、

気管支炎で亡くなる可能性を持っている。

ということは、

毎年正月の話題として、ご老人が餅を喉に詰まらせて

お亡くなりになってしまうというニュースを見ても、

だったら、

「○○歳になったら流動食しか与えてはいけません!」

的な、注意喚起もしなくてはいけない。

あんな、ススリ餅なんて即刻止めさせるのだ。

<まとめ>

人間は、年を取ると段々子供に戻っていく。。。

なんて話も聴いたことあるが、

それは精神的性格的な問題だけではなくて、

体の内面的にも気を配らなくてはいけないことで、、、

赤ん坊や子供のうちは、

気管とか食道が狭くなっている。

年を取り、

段々子供に戻ってきているご老人たちも、、、

気管や食道が狭くなっていくということだ。

1歳児が節分に食べる豆は、1粒。

2歳児が節分に食べる豆は、2粒。

3歳児が節分に食べる豆は、3粒。

だとすると、

まぁまぁ危険度高いね・・・。

この調査をした側としても、

した以上は、その結果に対する見解を述べる必要がある。

これがニュースというかたちであがってくると、

ズシリと重い空気になってしまうような気がする。

たかだか2〜3粒を口にしただけで、

かなり高い的中率でその豆が気管支に入ってしまい、

残念なことに命を落としてしまう。。。

という2歳児や3歳児がいるのかと想像しただけで、、、

その子の人生がいたたまれなく感じてしまう。

Makoto

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。