ライフ・生活

ミニチュア学生服の制作、岐阜市の専門店に注文殺到!?

【ミニチュア学生服の制作、岐阜市の専門店に注文殺到】

どうもMakotoです。

2月も後半に入り、間もなく3月。
暦のうえではすでに春かもしれないが、気候的に考えるとそろそろポカポカ陽気の日も増えてくるだろう。

春といえば、卒業といった別れだったり、入学・入社といった新しいスタートのシーズン。
そんな卒業シーズンの3月が迫ってきたころ、何やら話題になっていることがあるようだ。

卒業を期に着なくなる学生服を、インテリアとしてリフォームしてくれる制作専門店に注文が殺到している。

学生経験のある方々や、今まさに学生生活を満喫されている方々にとっては、
想い出の詰まった大切なアイテムのひとつである。

その想い出の詰まった学生服をミニチュアサイズにリフォームしてくれるという制作専門店のこと、
そこに注文を依頼するひとたちのニーズについて深掘りしてみようと思う。

 

<ミニチュア学生服の制作専門店はどんな店なのか!?>

ミニチュア制服をリフォーム制作してくれる専門店は、岐阜市早田東町にある。
店主は林克己さんという職人さんで、ひとつひとつにそれぞれの想い出が詰まった学生服をリフォームしてくれる。

林さんは繊維会社を経て、今のミニチュア学生服を手がけてはや16年になるという。

「一着ごとに人生のドラマがある」と話す林さんは、
そんな想い出いっぱいの学生服たちを飾っておけるようにできたらという思いで始めたという。

 

<ミニチュア学生服はどんなサイズにリフォームされるのか?!>

ミニチュア学生服は、いったいどんなサイズ感に変化して手元に戻ってくるのだろうか。

「ミニチュアサイズは、上下45cm前後の立ち姿で、
ブレザーやセーラー服、詰め襟などからパーツを切り出して、
祖でボタンの付け替えや、裏地にあるネームタグを移したりと、
1日大体2着くらいは仕上げている。」

とのこのこと。

 

<ミニチュア学生服の料金と納期は>

ミニチュア学生服制作の注文に掛かる料金は、

例えば、セーター服タイプの基本セット料金として、

上着+スタート+スカートを吊るす用のキャミソール=¥27,800(税込)

これに、例えばリボンが付いたりすると+¥1,000になる。

ブレザータイプもほぼ一緒。
基本料金も約¥30,000で、リボンやエンブレム、ベストなどがつくと+¥1,000〜¥3,000上乗せされる。

注文が殺到していて、1日大体2着程度仕上げるペースのため、納期は、1年先くらいになるようだ。

 

『ミニチュア制服専門店ミニフォーム』
http://www.miniformshop.jp

 

<ミニチュア学生服の注文を受けて林さんが感じてきたこと>

ミニチュア学生服の制作注文を16年間受けてきて、手がけたのはおよそ1万着だという。

なかでも、店主の林さんの忘れがたいエピソードとしては、
中学に上がる前に白血病で我が子を亡くしたある母親からのもので、
着ることができなかった中学の学生服をミニチュア制作し、
亡くなったその子がお気に入りだったぬいぐるみに着せて送ったというものや、、、

親と仲違いしていた女性が、自分が着ていた学生服がミニチュアになって送られてきたことに
感動して涙が出たという感謝の言葉も届いたという。

ランドセルでも同じようなことをされていた職人さんを以前聴いたことがあるが、
どちらも同じく、お金では買えない想い出を大切にするニーズに応えた職人の仕事である。

林さん曰く、「学生時代というかけがえのない時代の記憶をそばで大切にして、蘇らせたいという強い思いに応えたい」
といって、今日もひとつひとつの想い出と向き合っている。

Makoto

秘島に移住できる!? 国内唯一の有人島・沖島が移住者募集中

どうもMakotoです。

 

日本最大の湖である琵琶湖に浮かぶ

国内唯一の有人島・沖島が移住者を募集している。

 

なんでも、滋賀県近江八幡市の定住促進の活動の一環で、

沖島にいくつかある空き家を改装して有効活用しようというもの。

 

これは、2016年1月から入居者募集のお知らせが出ていて、

移住者には格安で提供する考えだが、

まずは、宿泊体験から始めることもできるようにしている。

 

沖島の活性化に繋がるかどうかの移住者募集計画だが、

さて、今のこの時代に吉と出るか凶と出るか。

 

日本唯一の有人島・沖島とは?

今回の沖島への移住者募集計画は、

滋賀県近江八幡市役所が、

沖島の空き家への入居者を募集するというかたちで実施されている。

 

でも、一体この沖島とはどのような島で、

移住を促進するほどに魅力のあるところなのだろうか。

 

滋賀県には日本最大の湖である、琵琶湖があるのはご存知だと思う。

その琵琶湖の沖合に浮かんでいる島が、沖島である。

 

認知度こそ低いとは思うが、

琵琶湖の沖合に浮かぶ沖島は、

面積1.5平方km、海岸線長6.8kmの小さな島。

 

沖島の道路には信号機もなく、車が一台も走ってないが、

そのかわりといっては何だが、一家に一隻の船があるという。

 

港のある道沿いに家が並んでいて道も細い。

聴いているだけでのどかな気持ちになってくるようなところ。

人口約350人の国内唯一の有人島である。

 

沖島の移住者募集計画の空き家入居条件は?

行ったことなくても、見たことなくても、

みなさんがご想像しているとおりの、のどか〜な沖島には、

昭和50年頃に建築された空き家の古民家がいくつかある。

 

その古民家を改装して再生して、移住者には格安で貸し出す。

 

住居は、木造の二階建てで、約120平方メートル。

 

市の水道が供給されていて、公共下水道も使える。

 

家賃は相場の1/3以下の1万5千円くらいのもので、市に支払うのだそう。

 

入居を申し込む際には、沖島に一年以上暮らすという意志があり、

琵琶湖の漁業に携わる意欲があるひとが好ましく、

入居後は、自治会員としての活動や、

島内行事への積極的な参加、税金の滞納などなく、

同居人込みで暴力団員でないことが条件なのだとか。

 

さらには、中学生以下の子どもがいる世帯で、

夫婦の年齢も50歳以下であれば尚よいとのこと。

 

独身で、団体行動がキライで、漁業に携わる気がない、

堅気の私は対象外だ。

 

沖島の移住者募集計画の狙い

2016年1月から本格的に発信している、

沖島への移住者募集計画の狙いは何かというと、、、

先に述べたような、古民家の再生と有効活用による入居者獲得。

 

そして、人口減少をおさえる島の活性化が目的。

 

沖島出身の若者は、進学や就職で島を出るため、

沖島のライフラインである漁業の後継者が育たないという深刻な問題がある。

 

おまけに少子高齢化がここにも影響を及ぼし、

65歳以上が人口を占める割合が5割程度。

 

「離島振興対策実施地域」という国が指定する活性化支援に指定されている。

 

沖島への移住者募集計画は、こんなひとにオススメかも!?

沖島への移住者募集にあたっては、諸々の条件面があるようだが、

市としても柔軟な対応を心がけているようで、

こんな方々に興味を持ってもらえたら、ぜひ訪ねてみて欲しいといっている。

 

例えば、生活スタイルをスローライフにシフトチェンジしたいと考えているひと。

 

上の条件では、漁業を必ずしもやらなければいけないといっているわけではないので、

漁業と農業のバランスのいいスローライフを提案している。

 

また、創作活動をするアーティストにも呼びかけている。

 

芸術面に携わるひとには、車が一台も走っていないような沖島の環境というのは、

まるで別世界で、創作活動にもってこいの場所かもしれない。

 

現にデザイナーのひとが二人ほど沖島に移住しているそうで、

創作活動するうえでは沖島は最高の環境だと大満足のよう。

 

実際にこういった方々を招き入れるための準備もできていて、

興味があれば、ぜひ訪ねてみればいいと思う。

 

沖島に住むひとたちの声

実際、沖島に暮らしているひとは、

島を愛し自然を愛するひとたちである。

 

高齢者の方ではなく、子育て中の40代くらいの女性にも、

 

「まずは絶対的な安心感があり、子育てには最高。

 子どもがのびのびと成長していけるのは、

 こういった島ならではのひととの繋がりがあるからこそ。」

 

といっている。

 

沖島移住者募集計画に思うこと

都会が悪影響だとか、

田舎が楽だとか、

そんな一長一短ではないのが世の常だ。

 

若者が夢を持って都会に出ていくことへの環境の変化は、自分自身に勝つため。

 

かたや、

都会で生きぬいてきて、

すり減った心を癒しながら、

第二第三の人生を生きるための環境の変化は、

自分だけではない大切な誰かのため。

 

帰る場所があることでひとは生きていける。

 

 都会で見るひとの笑顔も、

田舎で見るひとの笑顔も、

あなたが生きていることに喜びを感じてくれているもの。

 

沖島移住者募集計画が、

あなたの心にフッと何かを突き刺したような感覚になったなら、

一度足を運んでみるのもいいかもしれない。

 

 

 

 

Makoto

 

 

 

沖島へ行くならオススメのホテルはこちら!!
   ↓↓↓↓↓
 休暇村 近江八幡

3月5日に小惑星が地球に最接近する?! 果たして大丈夫なのか?!!

どうもMakotoです。

「3月5日に小惑星が地球に最接近する」というニュースが入ってきた。

地球に近づいてくる小惑星は、人工衛星よりも内側を通り、スレスレのところまで接近するというのだ。

このニュースを聴いて何を思うだろうか。。。

やはり、「地球大丈夫か!?」ってことになるだろう。

3月5日と特定して発表されているくらいなので正確なことかと思うが、我々はどんな思いで、3月5日を迎えればいいのかもうちょっと詳しく知りたいところだ。

<3月5日に地球に最接近するという小惑星とは?>

3月5日に地球のスレスレを通過するという小惑星は、「2013TX68」という惑星らしい。
接近通過することを「フライバイ」といい、
3月5日のフライバイでは、地球から1万7000km以内まで近づくといわれている。

望遠鏡で空を見上げれば、この小惑星「2013TX68」を地上から見ることができるという。
それはそのとおりで、なんたって人工衛星よりも内側を通るのだからかなり接近してくる。

聴くところによると、小惑星「2013TX68」は、2年前にm地球の近くを飛んでいたらしい。
そのときは、200万kmあたりだったので最接近とまではいかなかった。

<で、3月5日の小惑星最接近で地球は大丈夫なの!?>

“3月5日に小惑星「2013TX68」が1万7000km以内の地球スレスレを通過する”

という、ここまではっきりと分かっているのだから、
我々の住む地球は大丈夫なのかが知りたいところである。

NASAの地球近傍小惑星を分析している科学者たちによれば、
「3月5日の「2013TX68」接近で、地球に衝突する可能性は全くない」
とのこと。

それも分かるんだ・・・。

そして、この小惑星「2013TX68」は、3月5日の最接近のあとにも、
2017年9月28日に再接近することがすでに分かっているのだそうだ。

じゃぁ、その2017年9月28日の接近で地球に衝突する可能性はというと、、、

2億5000万分の1以下なのだとか。

イメージが付かない。。。

<3月5日の小惑星最接近で、もしも地球に衝突したら!?>

小惑星「2013TX68」が地球に衝突する可能性は、2億5000万分の1以下ということだが、
「ものごとに絶対はありえない」と思ってしまう。

普段は、「本質というものは絶対なんだ!」とか、偉そうに言い切っていたりすることがあっても、
自分の都合で、「100%なんてない!」って言ってみたりもするわけで。

この小惑星「2013TX68」は、直径30mくらいの岩石の塊のようで、
ロシアに落下した隕石の被害よりも大きな被害が出るだろうといわれている。

<3月5日の小惑星「2013TX68」と、ロシアの隕石落下を比較>

まだ記憶に新しいと思うが、ロシアのチェリャビンスクに直径20mほどの隕石が落下して話題になった。

これは、2013年2月のことで、このときの被害は負傷者1500人近くで死者はゼロだった。
ロシアのチェリャビンスク上空で爆発して、4400棟以上の建物を破壊した。

今回話題になっている3月5日に最接近するという小惑星「2013TX68」は、
それよりも大きいのだから、被害は大きくなると予想される。

ロシアのチェリャビンスクにもたらした被害の2倍ほどだという。

<3月5日の小惑星「2013TX68」の地球最接近は、ロマンのあるお話で終われるのか。。。>

人工衛星よりも内側の地球スレスレを惑星が通過していくなんて、一見壮大なロマンに溢れた話のよう。

3月5日は天体観測ショーさながらに、望遠鏡で空を見上げて喜んでいられるのだろうか。。。

中には、

「こういうときに北朝鮮がミサイルで迎撃してくれりゃいいんだ」

という、面白いような面白くないような意見もあった。

しかし、日付けと惑星の大きさと接近距離が分かり、
さらに今後の最接近する日まで予想できるというのだからスゴイ。

なので、地球に衝突することはないという見解を信じている。

Makoto

子ども服に危険性!?ひもの長さや形状をJISが制定

どうもMakotoです。

子どもの事故を防ごうということで、JISが子ども服のひもの長さや形状を安全規格として制定した。

これに伴い、子ども服メーカーは対応に乗り出し、商品のデザインの見直しをしている。

子ども服が原因の事故とは何なのか?

そもそも子ども服には危険性がそんなに含まれていたのか?

<子ども服の規定変更で、首回りのひも付き服は製造禁止>

子ども服の安全性に対する規定は、JIS(日本工業規格)が制定した。

JISによると、

「7歳未満の子どもの服には、頭や首まわりのひもは一切あってはならない」

という安全基準を定めたということだ。

また、

「7〜13歳未満の子ども服には、頭や首まわりに垂れ下がっているひもは禁止」

というもの。

<子ども服が原因による事故とは>

今回の子ども服の規定変更は、主に13歳未満の子どもに重きを置いている。

子ども服に付いているひもが、ドアにひっかかったり遊具に絡まることにより子どもの転倒や窒息などの事故が起こるというケースがある。

こういった事故の経験は、平成18年の消費者アンケート調査により、約70%の人がひやりとさせられた経験があり、そのうちの6人に1人の割合で実際にケガをしたということが分かった。

<子ども服メーカーがデザインを一部変更>

それをうけて、子ども服の規定変更は、当然子ども服メーカーに直結して影響があり、各メーカーがこぞって商品のデザインを一部変更、見直している。

大手子ども服ブランドの「ミキハウス」は、コードに付いている飾りとしてのひもをなくすなど対応に追われた。

そして、2016年春からの全商品がJIS規定の対応商品となる。

<子ども服による事故による規定変更は欧米からのもの>

子ども服のひものひっかかりや絡まりによる死亡事故が欧米で起き、欧米では子ども服の安全性の規格を定めた。

日本でも窒息などの事故が起こったこともあり、欧米の安全規格制定を受け、2014年6月に企画案を発表した。

そして2015年12月には正式に規格を制定することとなった。

<子ども服の規格変更には、法的な強制力がない>

JISというのは、国の統一基準としての安全や品質といったことを定めている機関であるが、法律的に定められた強制力のあるものではない。

近年の子ども服も様々なデザインがあり、子どもたち自身もオシャレを自然体で楽しむ傾向がある。

時代とともに、服装を選ぶ選択肢は幅広くなっているし、デザインを手がける方々にとっては、やるせなさを感じる一方で
また腕の見せ所とでも言おうか。

<子ども服が原因の事故防止と、フードなどで防寒対策をする地域との兼ね合い>

子ども服のひものひっかかりなどによる事故を防止するための規定変更だが、今回「フード」については対象外となった。

JIS側としては、フードについても安全性を検討しなくてはいけないとしている。

しかしアメリカでは1990年代にはすでに安全基準が制定されているのに対し、日本では今更?という気がしないでもない。

我が子が産まれた10年前にはすでにフードと紐の問題は取り上げられていて、滑り台から滑るときに引っ掛けて大怪我をしたという事例もすでに出ていた。

子供が幼稚園の時は「フード付きの服は極力避けて下さい」とあり、もしフード付きの場合は公園遊びの時にそのフードを服の中に入れて引っかかる部分がなくなるようにしていた。

我が園はそれでも規定が甘い方で、他の園ではフード禁止というところがほとんどだ。

子供が小学校に入ってからは、冬の寒い時期だけ体育でトレーナーを着てもいいのだが、パーカーや紐、チャックが付いたものは禁止となっている。

先日も他の親とフード無しのトレーナーが見つからないという話題で盛り上がった。

ユニクロでも数着置いてあるが、派手なキャラクターが付いたものか素材が綿でないもので体育では許可されないものがほとんど。

実は親たちはすでに安全な服を欲しがっているのにもかかわらず、企業側はデザインにこだわりすぎていて本当のニーズを汲み来れてないのではないか?

しかし、冬の季節に風雪などの寒気から身を守るためにもフード付の服が必要なこともある。

しかし欧米ではフード無しのトレーナーが当たり前だし、フードがなくても帽子をかぶればいいだけである。

そりゃ、突き詰めれば「かわいいよりも安全第一」これが結論に決まっている。

決まっているが。。。

結局企業側は安全より売れる服、消費者が購入する服を作るのである。

であれば、実際に購入するときに、消費者が安全基準目線で商品を買うことによって、企業も安全を意識した服を作るようになるであろう。

安全基準といえば、ガチャガチャのケースや鉛筆のキャップなど小学生が喉を詰まらせる事故をよく聞く。

なぜこれに関しても安全基準ができないのが、不思議でならない。

やっと重い腰を上げて対応する日本、これで世界水準並みの安全基準に少しは追いつくことになるのだろうか?

Makoto

オレオやリッツが店頭から消える!? ヤマザキナビスコが8月末で製造終了を発表

どうもMakotoです。

 

菓子メーカーのヤマザキナビスコが、

オレオリッツなどの人気商品の製造を8月末で終了すると発表した。

 

日本人の我々にもとても馴染み深い商品の製造を終了するとあって、

衝撃とともに、果たして日本の店頭からは消えてしまうのだろうかという疑問もわいてくる。

 

ヤマザキナビスコの看板製品であり、

かつ人気の高いロングセラーブランドだけに、

今後の動向が気になるところだ。

 

 

ヤマザキナビスコがオレオやリッツなどの国内生産販売開始から終了までの経緯

今回発表された8月で製造終了のブランドは、

「オレオ」「リッツ」「プレミアム」「チップスアホイ」の4製品とのこと。

 

そもそも、ヤマザキナビスコは山崎製パンの子会社であり、

1970年にアメリカのナビスコと山崎製パン、そして当時の日綿實業(現・双日)が合併してできた。

 

上記の4製品のブランド商標権利は米モンデリーズ・インターナショナルが持ってるが、

こことナビスコブランドの商標ライセンス契約が終了するのが8月末ということ。

 

8月末での製造終了に伴い、9月以降は在庫販売を経て終了ということになる。

 

 

ヤマザキナビスコの社名も変更

ヤマザキナビスコという社名自体も、「ナビスコ」ブランドの契約終了に伴い変更せざるをえない。

 

9月1日から、ヤマザキナビスコ「ヤマザキビスケット」と社名を一新して

自社ブランドの製品の販売を続けていく。

 

因みに、「チップスター」「スリムサンド」といった、

これまた根強い人気を獲得している製品があるが、

これらは自社開発製品のため、今後もヤマザキビスケット製品として販売していく。

 

 

ヤマザキナビスコの名称変更の影響

ヤマザキナビスコという会社名が変更になることにより、

サッカーファンやスポーツファンにもお馴染みの

「ヤマザキナビスコカップ」という大会があるが、

こちらも2017年以降はJリーグと協議したうえで大会名を変更するようだ。

 

この大会は、サッカーの冠スポンサーカップとしてギネス記録を更新中のようだが、

この記録もどうやら途絶えるのではないだろうか。

 

 

オレオやリッツは日本の店頭から姿を消してしまうのか!?

今回のヤマザキナビスコブランドのオレオやリッツなど人気4製品の製造終了を受けて、

ファンにとって一番気がかりになっているのは、

「9月以降日本ではもう手に入らなくなってしまうのか?」ということだと思う。

 

私も実のところここが一番気になっていた。

 

この4製品の商標ライセンスを持つ米モンデリーズ・インターナショナルの日本法人である、

モンデリーズジャパンが9月からの販売を引き継ぐことになった。

 

だから、今後日本の店頭から姿を消すのかどうかについては、

ヤマザキナビスコ側としてはどうにも答えようがないということ。

 

それもそうで、モンデリーズジャパンが引き継ぐということは、全く別会社の商品となるのだから。

 

では、モンデリーズジャパンの見解はどうかというと、

オレオリッツのような人気ブランドは主力製品でもあるため、継続して販売していきます。」

とのことである。

 

ふっと一安心といったところではあるが、、、

「製造元が変わるということは、我々の舌に馴染んでいる、オレオリッツの味が変わってしまうのではないか!?」

という疑問点や不安要素があがってくるのも確かなところ。

 

 

オレオやリッツの類似商品や競合商品の製造で菓子業界も熾烈な戦いになる!?

ヤマザキナビスコは、実に45年以上もの間「ナビスコ」ブランドの4大人気製品である

「オレオ」「リッツ」「プレミアム」「チップスアホイ」を販売し、

人気の定着やブランドの認知に多大な貢献をしたことは間違いない。

 

ヤマザキビスケットと社名を変更した後に待ち受けているのは、

新時代の新しい看板商品の開発に乗り出してくることだろう。

 

オレオリッツなどの類似商品を販売することにより、

もしかしたら、ヤマザキナビスコオレオリッツのファンだったユーザーが

一斉に方向転換するかもしれない。

 

上記のとおり、45年以上もファンの心を掴み続け、

ヤマザキナビスコという会社とファンとの間にも大きな信頼関係が築き上げられているのだから、

そこらのぽっと出の企業が手がけるような類似商品などのレベルとははるかに違う。

 

もうこの世の中、ゼロからの発明など不可能といっていい。

 

何かと何かの掛け合わせだったりするし、

新しい発明に用いる一部や道具なども、元は誰かの発明品なのだから。

 

どれだけのアレンジ力とクリエイティブ性に富んだ商品を世に出すかにかかっているが、

研究心や探究心アレンジ力なんか、まさに日本の誇るお家芸といえるだろう。

 

これからの新しい時代に日本が飛躍していくことを期待したい。

 

 

 

 

Makoto

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。