IT関連

アップルを訴えた裁判 国内審理へ

どうもMakotoです。

米大手のアップルが日本の中小企業である島野製作所から約100億円の賠償金を求められていた裁判で、東京地裁は「合意のもと米国の裁判所で判決する」というアップル側の主張を退けた。

裁判長は「合意が成立する法的な条件が満たされていない」と判断して、国内で審理することになった。

日本の中小企業の島野製作所が超大手企業のアップルに対して一矢報いた。

この裁判は非常に多くの関心が集まるとても意味のある裁判になるかもしれない。

<アップルを訴えた島野製作所の主張は>

島野製作所は、世界的に定評のある技術力を持ったピンの専業メーカーである。

中小企業でありながら、その高い技術力が認められ2005年からアップルのノートパソコン用の電源アダプタ専用ピンを供給している。

ことの発端は、アップルからなお依頼に対して開発したピンを、アップルが自社で開発したと主張したことが始まり。

そしてアップル、2012年からアジアの企業からの供給を増やし、島野製作所への発注を減らした。

2014年8月に島野製作所は、「独禁法違反」「特許権侵害」で、約100億円の賠償請求に踏み切った。

<アップルとしての主張は>

島野製作所が開発したというピンは、「ポゴピン」といい、電源アダプタ先端の接触端子である。

「新しいポゴピンは別設計で、島野製作所の特許権は何ら侵害していない」というのがアップルの主張のようだ。

さらに、

「島野製作所が主張する特許権は、アップルの技術者との共同開発であり、それを2011年11月に島野製作所が単独で特許出願したのだから、権利は無効だ。」

とのこと。

<アップルVS島野製作所 管轄の裁判所は?>

この裁判に先立って、

「まずは、どの国の裁判所で審理するべきか」

という点で争われることになった。

それは、アップルと島野製作所の契約上、紛争はアップル本社のあるカリフォルニア州の裁判所で審理されることに合意されていたためだ。

当然アップルとしては、日本で提訴されては契約違反だと主張するが、対する島野製作所はひるまない。

「独禁法が禁じている優先的地位の乱用で結ばれたため不当であり、国内で審理されるべきこと」

と主張する。

<アップルVS島野製作所 東京地裁の判断は?>

この両者の主張に対して、中間判決として東京地裁の千葉和則裁判長は、

「一定の法律関係に基づいた訴えに関して結ばれたものではない限り無効。両者の合意は、あらゆる紛争はカリフォルニア州の裁判所が管轄するとしたが、広範囲すきるため無効である。」

としてアップルの主張を退けた。

日本の中小企業が、まずは米巨大企業の出ばなをくじくかたちとなった。

<日本にも親しみのあるアップルの問題を、世間はどう捉えるのか>

アップルは、iphoneやMac製品で日本にも非常にお馴染みの企業である。

世間はこの裁判の中間判決をどう見ているのか。

「下請け会社が訴えを起こすということは、相当の我慢の末だと思う。」

「ひどい話。これ以上大手の横暴を許しちゃいけない!」

「結局大手に潰されちゃうのかな。。。」

など、やはりアップルといえど、日本の企業が相手となると世間は特別視するようだ。

私は、アップル製品が好きだ。

iphoneユーザーだし、ipad、ipod、PCもMacを使用している。

単純にアップル製品のリピーターとしてこれからも使っていこうと思っている。

しかし、こういった下請け企業側の世の中に出てこなかったような苦労というのは、やはり、これを機に正当に判断されてしかるべきだと思う。

私が快適にPCを使って仕事ができているのも、この原稿を執筆できているのも、細かいひとつひとつの緻密な労力の集合体によるものである。

世界に誇る高い技術力と、世界が誇るブランドのコラボがの奇跡が、今もなお私の心を掴んでいるのだから。

Makoto

Twitterのタイムライン表示変更報道、一転Twitter創業者が否定

どうもMakotoです。

Twitterのタイムラインの表示が時系列から変更されるという報道がありましたが、一転、Twitterの創業者ジャック・ドーシー氏が自身のツイートで報道を否定しました。

Twitter利用者の反応と、報道から一転否定となった背景を見ていきましょう。

<Twitterのタイムライン変更報道の発端は?>

「Twitterのタイムラインを時系列からアルゴリズム導入へ変更する」
という内容の記事がニュースサイトBuzzFeedが流したことによるもの。

従来の新着順のタイムラインから、ユーザーの関心に合わせて表示されることで人気のあるツイートを他に埋もれさせることがなくなることが狙い。

実はこの新しい表示方法については、すでに一部のユーザーで試験的に開始されているようで、Twitter側としては、この試みは成功したという見解でいるようだ。

<Twitterのタイムライン変更報道に関する一般ユーザーの反応>

『TwitterというSNSの特徴や魅力は、今何をしているかということをつぶやくことで、「なう」なことを伝え、受け取り、共有するのがコンセプトだったはず。』

『そもそも、関心があるかどうかはユーザー自身が選ぶことであり、Twitterを利用する意味がなくなるような感じがする。』

といったような、批判的な意見が目立ったように思う。

<そして、一転Twitterのタイムライン変更を否定>

BuzzFeedがTwitterのタイムライン変更について報道してから、その翌日に、Twitterの創業者であるジャック・ドーシー氏が自身のTwitterでこうツイートした。

『タイムラインを変更する計画はなく、Twitterはリアルタイムなもの。私たちはライブストリームを愛している。』

これについても、本当は実施する予定で進んでいたのではないかという疑問の声もあり、TwitterがFacebookをかなり意識しているのが分かるというユーザーもいる。

確かに、Twitterは近頃幹部が次々退職したりと、何かとゴタゴタ続きで地に足がついていない感が否めなかった。

同じSNSとして利用者が多いことでは、ライバルということも言えるのかもしれない。

しかし、

Facebook=共有

Twitter=拡散

というスタンスで、それぞれの魅力があり愛されてきた。

Twitterが文字数制限を140文字から大幅に引き上げるということも伝えられたばかりだし、インスタグラムを傘下にしたFacebookを意識しているという捉え方をしても不思議ではない。

<果たして迷走なのか!?Twitterが行き着く先はどこへ・・・。>

Twitterのユーザー層とFacebookのユーザー層、さらにはインスタグラムのユーザー層は、3者3様で分かれている。

Twitterは若年層にあつい支持をされ、つぶやき機能だけではなく、調べものなど検索機能もTwitterを利用している。

リアルタイムのライブ感が最もTwitterの売りであり武器だろうと思うのだが、果たして類似した競合サービスをどこまで真似るかのさじ加減を誤ったら、これだけのモンスターSNSと化した現状では、多くのユーザーが混乱し挙げ句の果てには離れていくことも懸念される。

何も一律変更させる必要などなく、オプション機能としてユーザーが選択できるような快適な利用方法はないのかという反応もあり、思った以上に批判的な反応を受け、急遽見送ったような感じもするのは正直なところだ。

時系列な「なう」を楽しむことのライブ感と、災害時の安否確認などにも役に立つリアルタイム感が、Twitterの特徴であり、ファンの心を掴んで離さない最大の魅力である。

Makoto

LINEがアカウント引き継ぎ方法をPINコード入力から引き継ぎ許可制に変更

どうもMakotoです。

 

ベッキーさんに関するニュースの影響?!と思われますが、

LINEが別端末へのアカウント引き継ぎについて、

従来のPINコード4ケタの入力ではなく、

機種変前のスマホで、引き継ぎ許可設定が必要になったようです。

 

 

LINEのアカウント引き継ぎ方法の変更、なぜいまさら?

ベッキーさんの事件で問題だったのは、

相手の男性の奥さんが、旦那さんの昔使っていた端末をそのまま使っていたことにより、

そのままLINEの設定を引き継いだままだったようです。

そして、奥さんがその内容をすべてみることができてしまい、

そのLINEのやり取りを暴露したということでしたね。

今回の変更は、強制的に端末が変更になった時にコードが変更されることで、

これからの新しいチャットに関して旧端末で受信ができなくなるようです。

 

 

LINEのアカウント引き継ぎ方法の変更はいつから開始される?

開始は2月初旬を目処の予定だそうだが、

①電話番号も変更になる場合

②LINEとFacebookを連携している場合

についてが変更の対象になるとのこと。

今でさえ、ラインの引き継ぎはうまくいかないことがあるのに、

さらに強化されるのであれば大変ですね。。

 

しかも私は、過去に移行に2度ほど失敗してます。。

1度目はメールアドレスを登録していなかったのですが、

2度目は手順通りに設定したのにもかかわらずなぜか引き継ぎされず、、

問い合わせも下にもかかわらず戻ることはなかったのです。

 

 

新LINEのアカウント引き継ぎ方法は?

PINコードの引き継ぎはなくなりますが、

その代わりに、『引き継ぎの許可設定』が必要があります。

こちらのサイトで手順を説明してくれています。

 

解説した様子はこちら(Youtube/ジーエムエス より)

まとめ

まぁ、セキュリティー強化の観点はいいと思うが、

無料でこれだけの莫大な利用者がいるので、

もはやビジネスのツールとしても欠かせないアイテムにもなってしまっている。

機種変をしてアカウントが変更されても、

登録されている相手側の端末にはまだ存在していて、

ただ、今までのように通信ができないので、

メッセージを送っても、既読にもならずウンともスンとも反応がないという状態。

 

この現象も何か私の性格上気持ちの悪い、どっかマヌケな感覚を覚えてしまう。

 

ベッキーさんも騒動になったお相手も、

今回のこのニュースを見て聴いて、

心臓がズキュンと撃たれるような心境になるのだろう。

 

自宅電話しかなかった頃に比べ、携帯電話が必需品となった時代から、

スマホが当たり前という世の中になった。

 

そりゃ、恋愛のしかたも変わってくるはず。

 

浮気も、

不倫も、、

 

従来の方法では時代遅れということか。

 

それとも、

 

時代遅れの方法くらいのほうが

 

かえって上手くすり抜けられるのか。。。

 

 

 

 

Makoto

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。