どうも、Makotoです。

 

はポカポカ陽気で過ごしやすい季節のようで、意外と試練の多い季節のようです。

慣れ親しんだ環境から新しい環境へと旅立っていくひともいれば、自分の環境は変わらないが、外部から入り込んでくることにより変化を虐げられるということもある。

 

あるいは、単刀直入にある契約を解除されたり、ひとつの縁が終わったりすることもある。

 

こういう体験はひととしての器を広げてくれるいい体験となるものだが、それは人生を長い視点で捉えられたときにしみじみと思えることであって、なかなかダイレクトにその場でそう考えられるというのも、どこか人間味がないというかあまり可愛げがない。

 

やはりは新しいスタートを切ることが多いため、ひとにとっては気合いを入れる踏ん張りどころの季節のようだ。

精神的な面では試練の季節といったが、体調面でも試練の季節といってもいい。

 

花粉症に苦しんでいるひとたちにとっては、は試練の季節である。

 

年々、花粉症だというひとたちが増えているような気もするし、マスク人口が本当に急増していると感じるのは私だけではないと思う。

 

ここまでくると、花粉症に対する対策も、あの手この手と様々なはず。

 

いったい花粉症対策にはどんなものがあって、何が効果的なのか!?

 

 

花粉症には、アロマオイルがいいらしい!?

花粉症になると、目がかゆくて、鼻がつまって、鼻水が出て、くしゃみが止まらなくて、、、

 

と、もうそれは辛いのなんのってことで、気が滅入ってくる。

 

処方箋などの薬を頼るのも、もちろんひとつの方法ではあると思うが、前記したとおり、精神的にまいってくるというこの症状を何とか改善したいもの。

その精神的なイライラを落ち着けてくれるということで近年最も取り入れられるようになったのが、「アロマオイル」である。

 

花粉症に効くアロマオイルの活用方法

花粉症のひとにとって、鼻がつまっているのにアロマなどたいたところでニオイなど分からないという意見もあると思う。

 

仰るとおりだ。

 

要は、花粉症にとってアロマオイルは単なる芳香剤としての気休め的なものなのかと思ってしまう。

しかし、アロマオイル花粉症にとって効果を発揮するのは、鼻の粘膜を刺激してくれるという点である。

 

花粉症のひとが春先に活用するアロマオイルは、ニオイを楽しむだけの芳香剤ではないということ。

 

それでは、アロマオイルの効果的な活用方法だが、まずは、花粉症のひとたちは間違いなくマスクの助けを借りているはず。

そのマスクに1滴垂らしてみるとか、持参したハンカチに1〜2滴垂らしてみる。

リラックス効果もあって、仕事や授業など集中力の必要なときにも何とか助けてくれるかもしれない。

ただし、直接口などにつけたりすることはないように工夫したほうがいいと思う。

 

花粉症に効果的な、オススメのアロマオイルは!?

花粉症のひとたちにとって、何が悩ましいのかというと、家にいるより外出している時間の方がはるかに長いということだ。

であれば、家に帰ったときだけアロマオイルの香りで癒されているというのも、もの足りない。

何とか外出先でも、花粉症に効くアロマオイルの効果を実感したいもの。

 

そこでオススメなのが、携帯できるタイプのものだ。

 

私がオススメするのは、オーガニック認証取得済みのエッセンシャルオイルをブレンドした携帯用ハーブスプレー

 

花粉症に限らず、鼻水や鼻づまりに効果があり、年中使える優れものである。

 

 

オーガニック認証取得済みのエッセンシャルオイルをブレンドした携帯用ハーブスプレー

いつでもアロマオイルの快適感を実感できる!!

01_ttlimg01

ナチュラルハーブスプレー レスピレーション

ハイパープランツ ナチュラルアロマケア ロールオン レスピレーション
価格 2,160円(税込)  内容量 8ml

 

 

オーガニック認定取得済みのエッセンシャルオイルとは!?

そもそもエッセンシャルオイルとはなんぞや!?

ということだが、ハーブなどの芳香植物から様々な方法で抽出されたエキスのこと。

 

フランスの公的機関 COFRAC(フランス認証委員会)から認定を受けているため、安心してオーガニック製品を購入できるということで、

オーガニック認定のQUALITE FRANCE(カリテ・フランス)認定取得済みとのこと。

 

ハーブスプレーに配合の、エッセンシャルオイルにはこんな作用がある

①ティートリー・ユーカリラジアタ:抗ウイルス、抗菌、抗炎症作用

②ペパーミント:興奮した神経のクールダウン作用

③カユプテ:呼吸器浄化、感染症予防、鎮痛作用

④ラベンダー:鎮痛、精神安定作用

携帯用ハーブスプレーの使い方

まずは、何といってもこの辛い花粉症の季節に、鼻がつまって苦しいってときに胸のあたりに直接シュッとスプレーする。

そして、前記したとおり、マスクハンカチにもシュッとひと吹きしてあげる。

花粉症の季節が終わったと思ったら次は梅雨のジメジメとした季節がやってくる。

そんな季節にも活用できて、それこそ部屋の空気を変えてくれる芳香剤として使える。

また、車を使うひとには馴染みが深いと思うが、車中にこもった独特のモワーっとした嫌なニオイにもシュッとひと吹きしてやれば、効果抜群。

花粉症は現代病!?

申し遅れたが、私も花粉症である。

発症は小学生低学年ころからで、それ以来、毎年1月ころから春が終わるまで薬を服用していた。

それでもひどい年は薬の効果が薄くて辛かったこともある。

成人したころくらいから、薬を服用しなくなり、

今では花粉症の薬の服用も治療も一切していない。

になればくしゃみも出やすくなるし、目がしばしばすることもある。

だが、やはり薬というものに頼ること自体がキライで避けている。

 

ここ近年での花粉症患者(?)の多さを見ていれば、

花粉症は現代病なのか!?」と思ってしまうひともいると思う。

 

私が発症した小学生当時などは、「アレルギー性鼻炎」と診断されていた。

それがいつしか「花粉症」と定着したということで、結構昔からあったことなのだ。

 

それでも、大気汚染や、私たちの食文化の変化などからも、発症率は増えていることも確かだとは思うが。

 

私は、今日もアロマオイルの香りで癒されながら、過ごしている。

 

 

 

Makoto