お菓子

資生堂パーラーのチーズケーキ

チーズケーキが大好きで自分で作ることもあるが、どうしても濃厚チーズケーキは難しい。たまに資生堂パーラーのチーズケーキが無性に食べたくなることがある。

今回も食べたくなり買ってしまった。ちょっとお高めだが、それだけの価値は充分あるのでご紹介したいと思う

『資生堂パーラーって資生堂なの? 』

資生堂と聞けば化粧品! というくらい世の中に知れ渡っている。海外でも有名で特に中国人にも人気がある。そんな資生堂は銀座並木通りに大きな本社ビルがある。

実はその中にミシュランで有名なあのロオジェレストランを持つほど、かなりレストランにはこだわっているのである。

そして資生堂パーラーはこの本社ビルとは別に銀座中央通りに素敵な赤いビルがあり、3階でカフェ、4・5階でレストランを楽しめる。

いつも作者が購入するのが1階にあるショップで、濃厚チーズケーキを買うのである。

資生堂パーラーチーズケーキ

『資生堂パーラーのチーズケーキ』

さて、このチーズケーキ大体18cm ✕ 6cm ✕4cmくらいのサイズである。周りがビスケットに包まれていて中にぎっしりと濃厚チーズケーキが詰まっている。

お値段は3,000円(税抜)でちょっとお高いが、かなりの食べごたえが有り、だいたい1回に食べるのが、厚さ1cmに切ったものでも、かなりの満足感。作者はちょっと贅沢をして2cmくらいに切って(写真参照)食べました。

資生堂パーラーのチーズケーキ

断面図はこんな感じ。濃厚チーズがたっぷり詰まっている。

このチーズ癖がないにもかかわらず、とても濃厚でおいしいのである。その特別な美味しさの味を出すために材料を減らすことなく、惜しみなく使って作られているのがよく分かる。

周りのビスケットも、中のチーズケーキによくマッチしていて、パサッとも、べちょっともしていず、しっとりとした感じのビスケットになっている。

『資生堂パーラーのチーズケーキプレーン以外は? 』

毎回購入するのはこのプレーンタイプのもの。残念ながらオンラインショップでは取り扱っていないようで、資生堂パーラー、または取り扱いのあるデパートでしか手に入らないよう。

小ぶりで食べやすいものが、オンラインで取り扱いがありそちらのチーズケーキはこちらより。

季節限定で毎年桜味のチーズケーキもでる。これもかなりのおすすめ品である。

さて、この資生堂パーラー、お菓子やチーズケーキ以外でも、レトルトパックのものが売っている。
作者が好きなのは、コーンスープで家では出せない美味しさ。

また、誕生日やクリスマスなどの記念日にちょっとした贅沢で、カレーもおすすめ。540円で家庭で資生堂パーラーの味が楽しめるのならいいですよね。。

カレーにはビーフ、チキン、ポーク、野菜とあるが、作者はその中のビーフでも辛口のもが好き。ちょっと辛めがちょうどいい感じである。

『資生堂パーラーのチーズケーキ〜終わりに』

資生堂パーラーのチーズケーキは、昔からずっと美味しさがが変わらず(使用しているチーズは変わっているようだが)、毎回食べる度に裏切られることがない。その安定した美味しさを続けていくというのはけっこう大変な努力だろう。

これからもずっと変わらずいてくれることを願う。

こちらのチーズケージ箱がとてもおしゃれで贈り物に最適である。みなさんも一度お試しあれ!

Makoto

さっぱりパリパリ湯島花月のかりんとう

ゆしまのかりんとう

こんにちは、Makotoです。
頂き物で「湯島花月のかりんとう」をいただいた。有名なので色々友人から話を聞いていて前々から食べたい! と思っていたのだが、なかなか食べる機会がなかったのだ。ところが今日突然頂き、ちょっと顔がにやけてしまったのを隠せただろうか⁈

さて、その湯島花月のかりんとう食べてみたレポートを早速あげてみたいと思う。

<そもそも湯島花月って? >

場所は御徒町の駅から歩いていける距離にあるお店で、最近ではオンラインでも購入することができるよう。

昭和22年から始まったこちらのお店は元々は子供達のお菓子屋さんだったとのこと。

朝の3時頃から作り始めるというこのかりんとうは出来立てをすぐにお店に出しているようだ。

さて、前置きはこの辺にしていよいよ食べてみよう。

<おしゃれなパッケージ>

一見みるとかりんとうが入っているとは思えない可愛いパッケージ。どうも作者大きいプラスチックパッケージに無造作に入っているかりんとうを思い浮かべるのだが、こちらはそんな感じとは全くかけ離れていて、綺麗に梱包されていた。花月かりんとう

今回頂いたのはかりんとう単衣という種類

材料は小麦粉、砂糖、蜜柑油、イースト菌、膨張剤といたってシンプル。無駄なものが入っていなくだからこそ職人の腕次第で味がはっきり分かれてしまう。
花月かりんとう原材料名

袋を開けてみると一つ一つがかなり大きくてしっかりしたかりんとうが入っていた。長さも太さも違っていて手作り感たっぷり。

image

こちらの商品、オンラインショップで購入することが出来る。

ゆしま花月オンラインショップーeネコショップ

<湯島花月かりんとう食べてみた。>

まずは一つとって食べてみた。なんといつも食べているかりんとうとはちょっと違う。クセがないというか、さっぱりしているというのが適切か。

原材料をよく見ると黒砂糖が入っていない。かりんとうといえば黒砂糖たっぷりを思い浮かべとても「甘い」という印象だが、こちらのかりんとうは、確かに甘いんだけど、さっぱりした甘さで、しかも余計な材料を使っていないので、とてもシンプルな味。

このシンプルな美味しさを出すのってすごく難しいのでは⁈と思ってしまった。

そしてもう一つの特徴がカリッとした歯ごたえ。柔らかくなくどちらかといえば固いんだが固すぎないこの微妙な歯ごたえがなんとも言えずいい。

噛んだ時にパリっと割れる感じで中もしっかりした歯ごたえになっていた。

ありそうでなかなかないこの「ゆしま花月のかりんとう」やっぱり噂通り美味しかった。

うさぎ屋のどら焼きと榮太郎のあんみつと並ぶ美味しさだった。

ちょっと贅沢を言わせて貰えばもう少し量があるといいな。といったところだろうか。

今度は自分で買ってみよう

 

Makoto

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。