ニューオータニのしっとりバームクーヘン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはMakotoです。

今回は前回のマンゴープリンに続いてニューオータニで販売しているバームクーヘンをご紹介しようと思う。

ニューオータニのバームクーヘン

箱を開けるとパックされたバームクーヘンがドンと入っている。さて、こちらのバームクーヘンはどんな味なのだろうか? 楽しみである。
image

早速封を切ったカットして食べてみた。

普通に食べているバームクーヘンとは違い内側と外側に砂糖がたっぷり付いている。手でつまんで食べようとするとベトベトしてしまうので、お上品にフォークで頂く。しっとりしていて、それで中のバームクーヘンの生地がしっかりしていて食べごたえあり。

内側と外側の砂糖が付いている部分の味が違う。調べてみると、内側は不ワイトチョコレートを使用していた。なるほど、芸が細かい。

ニューオータニホテルのバームクーヘン

原材料を見てみると一番に卵が来ている。小麦粉が一番かと思いきや卵ということで、かなり贅沢に卵を使っているようである。あともう1つ小麦粉の次にバターということで、バターもかなりの量を使用しているようだ。マーガリンなどのトランス脂肪酸を使用していないようで安心だ。

一番使用している卵だが、長崎県産太陽卵を使用しているとのこと。贅沢である。

ニューオータニホテルのバームクーヘン原材料

こちらのバームクーヘンはオンラインショップでも販売していた。

ホテルニューオータニのオンラインショップ

ニューオータニのしっとりバームクーヘン〜終わりに

過去に沢山のバームクーヘンを食べてきたが、このようにしっとりしていてかつ食べごたえのしっかりしたバームクーヘンは初めてである。

美味しかったのでまた買おう。

Makoto

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。